龍泉青瓷焼制技芸

龍泉市浙江省の西南部のに位置し、麗水市に所属する。嘉興市と福建省の隣にあり、歴史文化が深く、青瓷(磁)の故郷である。 青瓷は、日本人に馴染み深い中国陶磁の一つ、昔から日本の茶人達に深く愛されてきた。龍泉青瓷の伝統的焼成技術は2009年、ユネスコの人類無形文化遺産リストに登録され、このリストでは唯一な陶磁器になった。早くも三国時代(紀元220年~280年)にすでに龍泉青瓷が現れた。宋の時代(紀元1127年~1279年...

西湖

西湖(せいこ、またはさいこ、拼音:XīHú)は、杭州市の西側に位置している湖である。西湖を中心としての西湖風景区は中国国家AAAAA級の観光地に指定され、世界文化遺産としても登録されている。 西湖の一方が繁栄している町と繋がっていて、三方が山に囲まれ、風景区の面積がほぼ60平方キロあり、そのうち、湖の面積が6.38平方キロもある。美しい山や水、そして奥深い林に恵まれている西湖は、「人間の天国」という美名を持って...

西泠印社

西泠印社(せいれいいんしゃ)は、中国浙江省の杭州市の西湖にある孤山の麓に位置している篆刻を中心とする学術団体である。 西泠印社は清代末期の光緒30(1904)年に創立され、中国で歴史もっとも古い学術団体である。国外から行っても、西泠印社はもっとも早く成立した金石学および印について研究し、書画を創作する民間団体である。西泠印社は丁仁、王禔、葉銘、呉隠ら4人の浙江省出身の篆刻家たちより創立し始めた。1913年に開...

江郎山

江郎山風景区は、浙江省の江山市から25キロメートル離れている城南に位置し、総面積は11.86平方キロメートルである。この独立した小面積の高い孤峰と低い丘陵平野の組み合わせは、この丹霞地形が晩期に入り、さらに変化しつつある最後の段階にあることを示している。晩期丹霞地形を代表している。主峰は標高819.1メートルで、3つの大きい岩は高さ300メートル余りで、500メートルのところでまっすぐ高くそびえ、きわめて雄大で峻厳で...

京杭大運河

京杭大運河(けいこうだいうんが、拼音JīnghāngDàyùnhe)は、中国の北京から杭州までを結ぶ、長さ1794キロメートルに及ぶ人力で開削された大運河である。また、南北大運河も呼ばれたことがある。京杭大運河は2500年も歴史を持ち、春秋時代(紀元前770年~紀元前206年)より部分的には開削されてきたが、隋の煬帝(610年)より整備した。京杭大運河は世界でもっとも歴史が古く、流れが長い人工運河である。 京杭大運河は古代中国...