京杭大運河

京杭大運河は2500年も歴史を持ち、春秋時代より部分的には開削されてきたが、隋の煬帝より整備した。京杭大運河は世界でもっとも歴史が古く、流れが長い人工運河である。

 京杭大運河(けいこうだいうんが拼音Jīnghāng Dàyùnhe)は、中国の北京から杭州までを結ぶ、長さ1794キロメートルに及ぶ人力で開削され大運河である。また、南北大運河も呼ばれたことがある。京杭大運河は2500年も歴史を持ち、春秋時代(紀元前770年~紀元前206年)より部分的には開削されてきたが煬帝610)より整備した京杭大運河は世界でもっとも歴史が古く、流れが長い人工運河である。

京杭大運河

  京杭大運河は古代中国勤労国民より完成した素晴らしい工事であり、人類の重要な文化遺産であり、今でも河川運輸活発している。京杭大運河は万里の長城と同じように、世界もっとも偉大な古代土木工事の一つと言われる。杭州は京杭大運河の南側にあり、運河杭州段は最も歴史遺跡が豊富、文化が奥深い流域である。京杭大運河の杭州段江南水郷文化体験ができる一番お勧めの観光地であり、杭州旅行には絶対行くべき観光ストップのリストにも入っている。

京杭大運河

  運河で、徒歩でも、游船でも、自転車でも、たたの休憩でも、運河の風情溢れる風景をいっぱい味わうことができる。2014622京杭大運河は『世界遺産リスト』に入られたまた、京杭大運河の杭州段は、中国国家AAAA級の観光地となっている。