畲郷の窓

 畲族は浙江省の少数民族の中で一番人口が多い民族で、主に、温州、麗水、金華に住居している。景寧は全国唯一の畲族自治県で、華東地域の唯一の少数民族自治県である。唐や宋の時代以来、畲族は広東や福建から浙江省の西南部の山に移住してきた。彼らは「山哈」と自称で、山を背にし、刀や火を利用し農耕生活をしてきた。

 「畲郷の窓」の観光地区は、麗水市景寧県大均村に位置している。「畲郷の窓」大均村を中心にし、梅花圩、泉坑、洋坑、伏葉、大赤坑などの村より成り立った風景区であり、2009年に国家AAAA級の風景区と評価された。

 「畲郷の窓」、ショオ族風情、畲郷山水を体験する最良の窓口である。観光地内は、ショオ族風情演出を鑑賞し、参加することができる。季節によって、「畲山火の神祭り」、「水かけ祭り」などの祭りが行われる。畲郷山水が素晴らしい。ラオカイ風貌、千年の古樟、龍崗区叠翠を味わいながら、「浙江第一流」と呼ばれる傘浮古渡で漂流するのは、どれほどの体験であろう。そして、「畲郷の窓」浮山祠、大均古街などの歴史文化遺跡もよく残られている。それ以外、ショオ族特色が溢れる家大菜をここで味わえる。

 


  • 中国語:畲乡之窗
  • 費用:90.00元
  • 電話:86-578-5068886
  • アドレス:浙江省麗水市景寧県大均村