寧波博物館

寧波博物館は寧波市の人文歴史と芸術を展示することを主として、地域特色のある総合博物館。

館内の展覧はテーマ展覧、特別展覧、臨時展覧という3つの部分から構成されている。展覧室の展覧は「東方神舟——寧波史跡陳列」「古い寧波——寧波民俗風物展覧」「竹彫り芸術——秦秉年が寄贈した明清竹刻珍品展覧」。博物館の所蔵品は豊富で、河姆渡文化から新中国成立以来の青銅器、磁器、竹彫り、玉器、書画、金銀器、民俗器物などの7万点余りを網羅して、寧波市の歴史、文化と芸術特色をよく反映する。

開館以来、寧波博物館は「大衆の博物館」「大資源観」の理念を堅持して、自身の資源の優位性を十分に発揮して、広範な公衆の文化需要を満たす。全国の最も「年少」の国家一級博物館、2014年度全国最も革新的な博物館、全国4 A級観光地となった。また、博物館が先頭に立って、2つの国家級専門プラットフォームの中国博物館協会ボランティア活動委員会と「海上シルクロード」研究センターを構築した。寧波博物館はすでに寧波の重要な文化展示窓口と交流プラットフォームである。

  • 中国語:宁波博物馆
  • 費用:無料
  • 電話:0574-82815588
  • アドレス:浙江省寧波市鄞州区首南中路1000号