寧波老外滩

 

 寧波市の中心地区、三江口北岸に位置している。唐の時代(618年‐907)宋の時代(960年‐1279)はビジネス港として開港し、非常に繁栄していた。清の時代(1644 年‐1911)の末期の1844年に、外国の勢力に迫れ、寧波は再開港させられ、主にイギリス人とオランダ人に利用されていた。寧波老外滩は上海バンドより20年も古く、中国もっとも古いバンドの一つである。 

 老外滩には大量な異国風の建物が残られている。その長い植民地された歴史を語っているようである。老外滩異国風情の建物と現代化された建物と融合し、おしゃれな飲食店や喫茶店、洋風のバーやレストラン、ショッピングセンター、市立博物館などが並ばれ、今や寧波市のランドマークとなった。

 老外滩のお昼は非常にピースな場所で、ここで散策すると、意外に面白い体験ができる。夜になると、老外滩は非常に賑やかになって、外国人の観光客がここに集まって、夜生活が始まる。お勧めとしての店は、Le Cargo (フランスバー)Shamrock (アイリッシュパブ)LBBなどが挙げられる。

 

寧波老外滩 

交通アクセス36、363、501、521、527、819、118、305、30、360、380、517、812、516、816、908、地下鉄2号線

 


  • 中国語:宁波老外滩
  • 費用:なし
  • 電話:なし
  • アドレス:寧波市江北区