南浔古鎮

  江南六大古鎮の一つであ南浔古鎮は、湖州市南浔区の東部にあり、江蘇に隣接し、湖州嘉興、杭州の三角地帯を結ぶ中心に位置している。ここに歴史古跡がたくさん残られ、自然風光とよく調和を取れてる。

 南浔古鎮は750年の歴史を持っている。小蓮荘、嘉業堂蔵書楼、特に江南風情がある明清古建築群——百間楼などたくさんの歴史文化遺跡残られている。 

 小蓮荘は、清の光緒年間、南浔首富である劉鏞の私家園林で、嘉業堂蔵書楼と河を隔てて望み、亦荘、家廟と園林の三部分から成り立つ。三代は、約40年の時間で建造してできたものである。

 嘉業堂蔵書楼は、溪を隔てて小蓮荘と隣接する。清の帝王溥儀が「欽若嘉業」九龍金匾を与えたことでその名を得られた。蔵書楼の規模が宏大で、蔵書が豊富で、園林と一体に合わせ、古籍を収蔵することで有名になり、中国近代著名の私家蔵書楼の一つである。

 張石銘の旧宅は、「江南第一民宅」に称される。 江南巨富である張頌賢の孫張均衡が建設した大宅院で、江南の珍しく基本的に明清歴史の旧貌を保持する豪門巨宅の一つである。国家重点保護単位にリストされた。

 双林鎮は、「古橋之郷」に誉められ、全国の古橋保存が最も集中して最も完全な地区の一つである。

 善琏鎮は、「湖筆之都、蚕花聖地」に誉められる。ここはあまり多くの現代商業文化の喧しいことがなく、懐かしい麦芽糖緑の石板路、曲がっている小河と出会える。

 多くの歴史文化遺跡と独特な建築を持っているこの南浔古鎮は、2015年に、国家AAAAA級の観光地となっている


  • 中国語:南浔古镇
  • 費用:100元
  • 電話:86-572-3016999
  • アドレス:湖州市南浔鎮人瑞路