嘉兴jiaxing

  嘉興市では多数の水郷町が今日までよく保存されている。その代表的なのは、西塘(せいとう)である。西塘は千年以上の歴史を持っている水郷の町で、ユネスコの世界遺産暫定リストに掲載されてある。

 嘉興浙江省北部、長江デルタ位置し、杭州―嘉興―湖州という平原区にある。東は上海、南は杭州湾、西は杭州、北は蘇州と隣接している。嘉興古くから「天府の国」、「シルクの郷」という名で誇られている。2011年、嘉興市は中国歴史文化名城に指定された。嘉興市は中国文明の発祥地の一つであり、長江太湖流域にある新石器時代を代表うる馬家浜文化はここで発見られた。馬家浜文化は中国先古文明の重要な一部である。

 嘉興市は豊かな歴史文化遺跡を持っている。古くから、城内は「七塔八寺」を持っているとよく言われたが、歴史のため、例えば、真如塔、東塔、股塔、茶禅寺などが残った古跡がなくなて、たった博物館で残片が見られることになった。

 南湖、南北湖、東湖は嘉興三大名湖である。そのうち、南湖は中国共産党第1次全国代表大会が開催された場所である。潮の一番よい観潮地である海寧は、嘉興市にある。「中国国際銭塘江海寧観潮節」は、毎年8月15日に開催され、多くの人々が海寧に殺到し、自然の驚きさをこの目で確かめようとしている。

嘉兴景観