衢州孔廟

  衢州孔廟は、浙江省衢州市新橋街に位置し、全国重点文物保護単位であり、「南宗孔廟」と呼ばれている。北の山東省曲阜市にある孔廟は、「北孔廟」と呼ばれる

 衢州孔廟かつて三遷三十数回に建てられ、修繕する。现存の衢州孔廟は、明?武宗正徳十五年(西暦纪元1520年)に建てられたのである。衢州府城の東に位置し、敷地面積は約20ムーで、基本的に山東省曲阜孔子廟と同じな規模建造計画したのである。建物の敷地面積は約13900平方メートル、孔子廟、孔府及び後花園という三つの部分に成り立つ。廟前に「金声」、「玉振」、「棂星」、「大」の4つの門があり、金声、玉振二門の前は、「徳天地」、「道冠古今」の2つの鳥居が立っている。

正殿の高さは23メートル、長さと幅はそれぞれ9メートルである。思鲁阁に孔子や亓官夫人を奉じ、木で彫刻した像は子貢より作ったといい、西漢の時代(紀元前206年~220)のスタイルをよく表した。そして、先聖遺像碑が呉道子(唐の時代の画家)より作られたといい。

 衢州孔廟は歴史が古く、規模が大きい。中国古代建築、文化、芸術、祭り制度などを研究には重大な意義を持っている。

 

 


  • 中国語:衢州孔氏南庙
  • 費用:10元
  • 電話:86-570-3041551
  • アドレス:浙江省衢州市新橋街