莫氏荘園

 莫氏荘園嘉興市平湖町、上海の南側に位置している。荘園は、300年の歴史を持ち、清の光緒二十三年(1897年)から平湖の豪族莫放梅より、3年をかけて建てられ江南の典型的な住宅であるそれは、江南6大荘園莫氏荘園、網師園、采衣堂、盧宅、退思園と春在楼)の一つである。莫氏荘園は鮮明的な民族特徴と精緻な芸術風で毎年多くの観光客を引き連れてきている。また、莫氏荘園は近代歴史や愛国精神の教育センターとして使われている。

 荘園の敷地は7ムー(1ムー=約667平方メートル)であり、建築面積は2,600平方メートルである。荘園は広くはないが、部屋数は大小あわせて七十七もある。主体結構は南北向け三組で東西向け四入りになる。順次にロビー、祠堂、帳場、客間、仏堂、台所、広間、正廰、、花園、書斎及び寝室などがある。正廰に掲げられている「春暉堂」という額が明代の書家?董其昌の手蹟である。完全な建築、典型的な風格、豊富な実物は人々の注目を浴び、「江南故宮」とも呼ばれる。

 1964年に荘園は博物館として整備され、、独特な芸術性は映画界で皆の賞賛を博する。1981年以来、『紅楼夢』、『家』、『春』、『半生縁』など200部以上のドラマや映画のロケに使われてい

 

莫氏荘園

交通アクセス:平湖バス南駅からバス5番で「莫氏荘園」下車。


  • 中国語:莫氏庄园
  • 費用:20元
  • 電話:0573-85022058
  • アドレス:浙江省嘉興市平湖町人民西路19番