臨海江南長城

 臨海は、中国優秀観光都市であり、国家歴史文化名城にリストされ、21世紀中国大陸第一線の光が照られた最初の都市である。

 臨海江南長城は国家AAAA級の観光地であり、全国重点文物保護単位である。臨海江南長城は臨海市区に位置し、晋の時代(紀元317年~420年)より建て始め、唐の時代(紀元618年~907年)に完成したのである。臨海江南長城は川岸に沿って、山に凭れかかって、千年以来、外敵と洪水を防いできた。臨海長城は現存の長さが5000メートル、形が非常にユニークで、よく保存されたことで、江南長城と呼ばれたのである。この長城は、明の時代の戚継光が倭敵と戦った戦場で、風景区内の瓮城、敵台、城楼、天壇などの古跡がたくさん残ってきた。歴史によると、北長城の空敵台は南長城を模倣したもので、両方とも戚継光より建てられた。そのため、臨海江南長城は北長城と深い縁を結んだといえ、臨海長城は江南八達嶺と呼ばれている。

 長城の周りは風景がきれいで、東湖、紫陽古い町、龍興寺、古城博物館など観光スポットが集まっている。観光者には理想の観光目的地といえる。



  • 中国語:临海江南长城
  • 費用: 65元
  • 電話:86-576-85301106
  • アドレス:台州市臨海市石村路6号