魯迅記念館

 魯迅は、中国の偉大な思想家、革命家、「近代中国文学の父」と呼ばれる。魯迅古里は国家4A級観光景勝地である。浙江省紹興市市街地の中心街(解放路、中興路、魯迅路の交差点)の魯迅中路に位置し、当時の状態のままよく保護されている。 紹興市対外宣伝の窓口として、独特な文化をもって世界国々の観光客を引き付けている。

  各地からの直通バスが毎日運行しており、杭州まで 20 分、寧波まで 40 分、上海まで 50 分おきに出ているという交通の便利さ。タクシーと人力三輪車は市内の主な交通手段。また、魯迅古里から紹興の独特な烏蓬船に乗って他の観光スポットへも行けるようになっている。

 魯迅記念館は魯迅旧居、百草園?三味書屋と魯迅生涯事跡陳列室をふくめている。館内には魯迅に関する文物や資料が収集?保存され、また、魯迅自筆の原稿や実際に使用した物、写真、資料がなども多く展示されている。青い屋根と白い壁の建物は江南の伝統的スタイルを表現している。

 魯迅記念館は1953年、魯迅の生まれた町で開館された。新中国成立後、浙江省で最も早く建てられた人物記念館である。記念館は魯迅の生涯事跡の宣伝?教育、魯迅に関する文物や資料の収集?保存、そして魯迅の思想や作品の科学的研究を主な目的として建てられた。半世紀が経った今、魯迅記念館は紹興の有名な人文景観として、すでに歴史文化名城紹興の対外宣伝の窓口になって、海外でも高い評価を受けている。1988年、魯迅古里は(三味書屋、周家老台門をも含める)中国の重要文化財である「全国重点文物保護単位」に登録された。1994年「全国優秀社会教育基地」に、1997年「中国の愛国主義教育モデル基地100」に選ばれた。2002年、紹興市委員会、紹興市政府は歴史に責任を背負って、元の魯迅記念館を改築し、「魯迅古里歴史街区保護計画」を策定した。長年の保護、建設と修繕のおかげで、魯迅古里は一定の規模に成長した。

 

入館料:

ア. ネットで無料で申し込みができる。

イ. 8:20~16:00、魯迅故里観光客センターでチケットが受け取れる。 

ウ. 毎日の入館限定人数が4000人、そのうち2000人は予約客。

開放範囲:魯迅故居、百草園、三味書屋、魯迅祖居、魯迅生平事跡陳列館、魯迅筆下風情園、土谷祠

気候:春 15.7~15.9℃ぐらい

   夏 28.2~28.7℃ぐらい

   秋 17.7~18.3℃ぐらい

   冬 3.9~4.4℃ぐらい

特色あるお店:紹興国醸館(紹興黄酒展示館)、老台門客栈、三味酒楼

グルメ:白鲞扣鶏、醤鶏、紹式蝦球、干菜焖肉、霉菜梗蒸豆腐、茴香豆(ハッカクで味付けしたソラマメ)、霉毛豆蒸仔排、醤鸭、霉千

    张、蒸肉餅、醉魚干、五香花生、清汤魚丸 酔う鶏、候口饅頭、「潘大姐」臭い豆腐

お土産:干し豆腐、臭い豆腐、黄酒、真珠、ハッカクで味付けしたソラマメ、腐乳、榧など

ホテル:紹興咸亨大酒店、紹興国際大酒店、紹興飯店、越都大酒店、王朝大酒店、亜都大酒店、銀泰大酒店、咸亨酒店、紹興龙龍山  

    賓館、紹興府山飯店、老台門客栈、三味酒楼

地図(魯迅故里ガイド見取り図):http://www.luxunhome.com/awwb/Japanese05.htm

魯迅記念館公式サイト:http://www.luxunhome.com/

 


  • 中国語:鲁迅纪念馆
  • 費用:無料
  • 電話::86-21-65402288
  • アドレス:?紹興市魯迅中路393号