新四軍蘇浙軍区旧跡

新四軍浙軍区旧跡は湖州市長興県槐坎郷、白岘郷に位置して、1943年の秋から、1945年10月まで、ここは新四軍浙軍区の指揮、後方勤務部門である。中国江南地域最も完全で、最大の革命旧跡。近現代の重要な史跡や代表的な建築として、2001年6月25日、国務院新四軍浙軍区旧跡を全国重点文物保護単位リストに登録された。

ほとんどの旧跡の建築は清朝末期、民国初期に建てられた。司令部旧跡を中心として、蘇州、浙江、安徽省の州境に分布して、14の旧跡があり、総面積は約8900平方メートル。司令部旧跡は清朝末期の民家、46軒の部屋、がある。白い壁、黒い瓦、精緻な組物が美しい。内部には各種の文書、新聞、紙幣、写真、軍用地図、軍用器材、武器、戦利品、遺物を展示している。


  • 中国語:新四軍蘇浙軍区旧跡
  • 費用:無料
  • 電話:0572-6078359
  • アドレス:湖州市長興県温塘村55-1