宋城

 杭州宋城西湖風景区の西南に位置し、北は五雲山、南は銭塘江に接している。杭州宋城は、北宋時代の有名な画家である張択端が画いた「清明上河図」を、再現した中国最大の宋代文化テーマパークである。の時代(960年~1279年)は北宋、南宋に分かれ、南宋の首都が杭州である。人々に楽しみながら歴史学べることができるため、宋城が建てられた。

 城内では、九竜広場、城楼広場、宋塊広場、酒屋、怪町など宋の時代の特徴が溢れる建物が集まれ、また、職人役や庶民役など当時の衣装をまとった人々が敷地内を闊歩し、越劇、皮影戯抛綉球招婿(飾り玉を投げて婿を招く)などのライブ感あふれる演出で次から次へと楽しませてくれる毎日、音楽舞踊世界三大演劇と言える『宋城千古情』が開演し、「一日をもらい、千年を返す」という宋城のスローガンのように、宋城に身を置くと、まるで宋の時代に戻ったぐらいのタイムスリップ感が体験できる。


宋城 

定休日無休

『宋城千古情』14:00、18:00、19:20開演(冬期は19:10のみ)

交通アクセスタクシー「杭州」駅よりで約25分

       バス308514、Y4、Y5を搭乗し、宋城で下車


  • 中国語:宋城
  • 費用:300元
  • 電話:0571-87313101
  • アドレス:杭州市之江路148号