西塘

 西塘(せいとう、拼音Xītáng――千年以上の歴史を持っている水郷の町である。中国国家AAAA級の風景区であり、中国第1期の歴史文化名であり、ユネスコの世界遺産暫定リストに掲載されてある。水郷魅力撮影基地、世界遺産保護奨を得られたことがある。西塘鎮浙江省嘉興嘉善県属し、江蘇、浙江と上海が交錯する場所にあり、交通は便利で、東にある上海までは90キロメートル、西の杭州までは110キロメートル、北の蘇州までは85キロメートルぐらいである。

 西塘は歴史が深く、人文資源が豊富で、自然風景が美しく、の文化発祥地の一つである。古くから、「呉根越角」と呼ばれることがあった。唐の開元時代は、すでに、大量の村が集まっていて、川を沿って家を作り、定住した。南宋時代、村がだんだん規模になり、市も成り立った。元の時代、市はまで発展し、商業も繁盛し始めた。明清の時代、江南における重要な手工業と商業重鎮にもなった。

 西塘はほかの水郷古鎮と一番大きな違いは、川沿いの商店街には、廊棚(屋根のある長廊)がついていて、総長は千メートルに近く。橋、弄(横丁)と廊棚が多いのは西塘の特徴である。現存の多数の西塘の民居は、明清の時代のもので、「弄」(横丁)は市鎮と民居の建設の一部として、保存された。

 西塘は「弄」(横丁)が122ヶ所もあり、百メートル以上のは5つがある。その中、一番有名なのは、「石皮弄」である。「石皮弄」は鎮の西町の王家の西側にある。全長は68メートル、一番広いところは1メートル、一番狭いところは80センチである。路面は166つのたった厚さ3センチしかないの石で敷かれた。花崗岩をそれほど薄く磨くのは非常に難しいから、石皮弄」がこの原因で名を誇られた。「石皮弄」の両側の高い壁が長い歳月を経ったため、ぼろぼろになって、ここを通している人々は、西塘の古素朴さと瀋殿した豊かな文化を感じられるであろう。

 


  • 中国語:西塘
  • 費用:なし
  • 電話:0573-84564161
  • アドレス:浙江省嘉興嘉善県