遂昌金鉱国家鉱山公園

 遂昌金鉱国家鉱山公園は、浙江省麗水市遂昌県東北部に位置し、遂昌より16キロメートル、杭州より260キロメートル、温州より170キロメートル離れている。そして、龍麗高速の遂昌東(金出口より10キロメートルしか離れていなく、地理的条件に恵まれ、交通が非常に便利である

  遂昌金鉱山開発歴史が長く、早くも唐の時代(671年~675に、すでに、採掘し始めた。宋の時代に、永豊銀場をここに設置した。明の時代になると、ここは全国最大の銀鉱産地となり、探鉱採掘勘探製錬といった技術は当時世界における一流である。鉱区は昔の鉱業遺跡など多数存在している。そのうち、「唐の金窟」と呼ばれる銅鉱の規模が多く、よく保存されてきた。古代鉱技術と歴史文化の研究には価値がある。1976年、遂昌金鉱国家の重点の金生産企業と呼ばれて「江南第一金」。2011年は、遂昌金鉱また浙江省の唯一の国家の第1陣の鉱山公園となる。

 現在、すでに開放している観光スポットや施設は、黄金公園、黄金ホテル、靑年アパート、黄金の博物館、黄金の商店街、金池ゴールドラッシュ体験区、黄金の製錬観光区、元宵茶店(金桃源郷)、銀坑山ダム、農家などがある。そして、金芸科学旅行、金竜山登り旅行、金窟探検旅行などの観光プロジェクト設けされてある。

 鉱山公園の自然景色がきれいで、生態環境がよく、「水の中のパンダ」と呼ばれるくらげがここで大量に生息している。 国家AAAA級の観光地である遂昌金鉱国家鉱山公園は、歴史文化と自然をよく融合し、レジャーのよいところであり、そして、黄金のショッピング天国でもある。

 




 


  • 中国語:遂昌金矿国家矿山公园
  • 費用:98元
  • 電話: 浙江省麗水市遂昌県牛頭山麓
  • アドレス:86-578-8146488