金華双竜風景区

    金華双竜風景区は、浙江省金華市北15キロに位置している。国家重点風景名勝区と国家のAAAAA級観光地で、観光、スポーツ、巡礼など功能がある山岳風景区である。

    風景区面積約80平方メートル、環境が美しい。風景区の森林被覆率85%以上、森が茂っているし、空気がすがすがしいし、環境も静かだ。風景区は自然の景観が134個、人文の景観17個。例えば、鍾乳洞、地下川、地下湖など入神のわざのような景色は、25キロメートルの石灰岩岩層に分布した。港、マカオ、台、北米、東南アジア一帯で有名な黃大仙は、ここで修行して、最後に彼は登仙になった。唯一無二の黄大仙祠の本山として、毎年多くの香港、マカオ、台灣からの観光客がここに巡礼と旅行に来ている。

    風景区の歴史が悠久である。李白、王安石、孟浩然と李清照など有名な詩人たちは、ここで多くの作品を創作した。明朝の最も有名な地理学者の徐霞客は、4000字の旅行記を書いた。郁達夫、葉紹鈞、郭沫若と艾青など作家たちは、双竜風景区についての文章を書いた。

    双竜風景区は双竜洞、黄大仙、大盘天、优游園、仙鹤妍、尖峰山という六大区域がある。


  • 中国語:金华双龙风景区
  • 費用:90
  • 電話:0579-89112027
  • アドレス:浙江省金华婺城区罗店镇金华山