臨安東天目山

    東天目山は浙江省北西部の臨安市に位置して、杭州市から68キロメートル離れだ。今は省級自然保護区である。東瀑大峽谷、林海大滝、昭明大禪院と天目大仙峰という四つの区域がある。

    東瀑大峽谷は1.2キロ、海抜200メートルから350メートル、天目山脈の中で最も典型的な峡谷である。峡谷にはよく茂った植物が生えて、空を遮た。良好な原始環境から、多くの動物はここで繁殖している。大峽谷の特徴は閑静で、でも最も人を引き入れるのは、

    大峽谷の水である。水と石は静かな環境の中で美しい絵を構成している。

林海大滝は、西崖滝と萬松林から構成した。高さ360メートル、廬山の滝と匹敵して壮観な景色である。萬松林は岩層の上に生えた原始森で、別名は「萬松岩」である。山水画のように美しい林海大滝は、龍女滝、禪杖滝、觀音滝、北斗七星、七星淵、西嶺垂虹など観光スポットがある。

    昭明大禪院は、もともと臨済宗の禪院で、現在は浄土宗の禪院である。建物が偉くて、鐘の音が悠揚として、昭明大禪院は淨空法師に「国内の最も重要な道場」と推薦された。

    禪院は梁の大同時代に造営されて、1500年以上の歴史をもっている。蕭統はここで「文選」を編纂するし、「金剛經」を編集するし、中国古代の文学資料を保存すると宣揚仏法のために、重要な貢献をしてきた。ですから、禪院は蕭統の諡号「昭明」で名づけた。現在、昭明大禪院は下院、上院、志公禪院、白雲窩講經堂、分經台から構成した。

    大仙峰海抜1479メートル、杭州西部の一番高い山である。奇態な石と断崖絶壁が多く、ときどき霧がたなびく。険しいから、まだ開放していない。観光者の安全を確保して、大仙峰に進入禁止。


  • 中国語:临安东天目山
  • 費用:180
  • 電話:0571-63797228
  • アドレス:臨安市太湖源鎮東天目村