三都勝境風景区

 三都勝境風景区は金華市東陽市の呉寧鎮の境内に位置し、「龍頭洞」と呼ばれ、省級の風景名勝区であり、市区から5キロぐらい離れている。

  景勝地内は、合計98箇所の観光スポットがあり、三都勝境風景区、屏岩洞府景、蘭亭、灌頂寺風景区より成り立つ。三都勝境風景区へ訪れる観光客は年間10万以上達している。そのうち、「糸澗」は最も観光客に愛される観光スポットで、頂上から麓までの岩が裂けていて、谷間の広さは1メーターで、深さは探求できなく、話によると、500グラムの生糸で深さを測ろうとしても、底まで届かず、測れないほど深く、そのことから、「糸澗」という名が付けられた。

  三都勝境風景区は、元々「龍潭坑」と呼ばている。話によると、唐の時代に、村民は、五穀豊穰、四季平安を求めるため、金を募り、神農の像を建ちあげた。四方の村民がそれを聞いたら、みな参拝するように訪れた。ある時期、大旱になり、神龍は、百姓の苦難を惜しくて、玉帝の許可をもらえずに、降雨したが、玉帝がそれを知ったら、神龍を村に鎮圧させた。そのため、ここを「龍潭坑」と呼ばれるようなった。龍台、龍ベッド、龍潭坑などは今まで残られ、龍王廟は入り口で立ってある。


  • 中国語:三都胜景风景区
  • 費用:なし
  • 電話:?0579-86370404
  • アドレス: 浙江省金華市東陽市城東街和堂村