下渚湖

  下渚湖国家湿地公園は浙江省徳清県の東南に位置し、総面積は36.5平方キロメートル、水域面積は3.4平方キロメートル、国家AAAA級の風景区である。朱鷺(トキ)保護基地であり、国家野生大豆保護区である。

  下渚湖国家湿地公園は、自然環境が優美で、大量のアシが生えていて、湖水がきれいで、野生の鳥が安心に生息している。自然の素朴と江南水郷の安逸がよく保っている。

 

はっきりとしている四季

 春の下渚湖は、「百花斉放百さえずり」、生き生きと元気があふれている

 夏の下渚湖は、緑のハスの葉が湖面を覆い、たまたま、そよ風が吹いてきて、涼しい。

 秋の下渚湖は、アシの綿状の細毛が満園に飛んでいて、桂の花がよく咲いていて、その香りが遠くまで漂っている。

 冬の下渚湖は、氷花がれて茶色っぽいアシを白く染め、太陽の下で、きらきらと光り輝いている

ロードレース(毎年9月

 下渚湖湿地ロードレースは毎年9月に、徳清下渚湖国家湿地公園で行われる全国レベルのスポーツレースである。

下渚湖魚茶づけ(毎年11月~翌年1月

 下渚湖魚茶づけは漁民たちが、冬に魚を収穫したことをお祝いするために、食べる料理で、一つの民俗である。2011年1月14日、ギネス世界記録を挑戦するため、3187人同時に魚茶づけを食べることを行い、成功した。

撮影大会(一年中)

 「湿地風情」撮影大会は一年中行われ、全国撮影愛好者がここに集め、下渚湖国家湿地公園の風景、名勝古跡、祭り、生物などの美しさを写真で残す。

花見大会(毎年の3月~11月

 四季の花をテーマとし、菜の花、ヒマワリの花、蓮の花、ちばななど、湿地の四季景色の優美をよく表している。

防風文化

 防風氏は中国古代の防風国の先民首領と治水英雄である。下渚湖湿地風景区内に、防風氏のを祭っている。防風氏の1700年前の西晋の時代に建てられた。旧暦の八月二十五日は、防風氏の祭日で、毎年この日になると、盛大なお祭り儀式が行われ、非常に賑やかである。


  • 中国語:下渚湖
  • 費用:80元
  • 電話:なし
  • アドレス:浙江省湖州市徳清県の東南