桃花島

 

 桃花島(とうかとう)は普陀山朱家尖島の南方にあり浙江省舟山群島七番目の大きいなである。島は元々桃の花が満開しているから「桃花島」と呼ばれるようになるのではなく、島にはいろいろな奇岩怪石があり、そのうち、一つの岩には、桃の花のような紋があるので、その島を「桃花島」と呼ばれるようなった。この島は、後程、武侠小説である金庸が『射鵰英雄伝』『神鵰侠侶(剣侶)』に書かれたため、世界中に有名となった。

 桃花島金庸の作品では「東邪」黄薬師と彼の娘黄蓉が住んでいる俗社会から離れている桃源の郷である。その後、映画を撮影するため、全島は桃の木が植えられ、昔の建物を建てられ、映画ロケーチとなった。

 桃花島には観光スポットが多く、塔湾金沙?安期峰?桃花峪?大仏岩?懸鵓鴣島?桃花港の六大景区、金沙日出?金龍吐珠?安期雲霧などの十二大景観、弾指峰?東海神珠?白雀寺?清音洞?安期煉丹洞?観音望海?仙人橋?千層岩などの名所100以上がある。そのうち、白雀寺は千年以上の歴史を持つ古刹である。

 2007年に桃花島は国家旅游AAAA級景区に指定された。桃花島は舟山市の最もホットな観光目的地となっている。

 

 



24時間


  • 中国語:桃花岛
  • 費用:140元
  • 電話:なし
  • アドレス:舟山市桃花島