浙江省十大銘茶

浙江省は中国最大のお茶の生産地の一つであり、お茶の栽培歴史が悠久である。浙江省の十大お茶は、西湖龍井茶、径山茶、安吉白茶、金賞恵明茶、松陽銀猴、開化龍頂茶、武陽春雨、望海茶、大仏龍井茶、緑剣茶である。これから、各種のお茶を鑑賞しよう。

浙江省は中国最大のお茶の生産地の一つであり、お茶の栽培歴史が悠久である。古くから「魚米の郷」、「シルクの府」、「お茶の都」と言われてきた。

トップ1:西湖龍井茶
 西湖龍井茶は(ロンジンちゃ/りゅういちゃ)は緑茶の一つ代表的なものであり、世界中名を誇っている。緑茶には多量のビタミンCやアミノ酸などの栄養素が含まれ、健康に非常によい飲み物である。龍井茶の歴史は古く、早くも1200年前、唐の時代の陸羽が書いた『茶経』の中、「西湖龍井茶」に対する記録が残ってある。清(1644-1911) の乾隆(けんりゅう)帝は、西湖龍井茶を貢ぎ物にリストされた。龍井茶の西湖産地は「中国龍井茶の郷」と言われ、中華民族の宝物である。

西湖龍井茶


トップ2:径山茶
 径山茶の文化が深く、唐の時代の陸羽が径山に隠居し、『茶経』を書いたようである。径山寺では、古くから「茶宴」と呼ばれる茶道会が開催されていたとう。この茶宴は、日本に伝えられ、茶道の原型になったと言われる。なので、径山は「茶聖が著書の地、日本茶道の源」と言う。径山茶はまた径山香茗や徑山雲霧といい、「葉は嫩く外形繊細にして繊毛あり、翠緑色で香り爽やか。茶湯は味まろやかで翠緑色をなし透明。」と記載され、浙江省のブランド品となっていて、国家農業部より指定した無公害の農産品である。


径山茶


トップ3:安吉白茶
 安吉白茶の産地は、黄浦江の源である浙江北西の天目山の麓である。摘採時期は、新芽が白くなるほんの短い限られた時期だけである。お茶の旨み成分であるアミノ酸の含有量が5-10.6%以上と、普通の緑茶の2倍以上もある。美しい翡翠色の茶葉は、お湯の中でふっくらと元の姿を現し、やわらかな香りとともに癒してくれる。
 安吉白茶は2001年国家工商総局原産地証明と浙江省のブランド製品の称号を獲得した。2002年は、省と市の著名商標を獲得、2003年は浙江省銘茶証明書を獲得、2004年4月は、国家質検総局原産地地域製品保護リストに入れた。ここ十数年来、
省や市の一連の名優商品のコンテストでたくさんの金メダルを取った。


3.jpg


トップ4:金賞恵明茶
 金奨恵明茶は、古くから「白茶」と呼ばれ、景寧恵明とも言い、略称は恵明茶である。産地は景寧畲族(シェ族)自治県の恵明山脈で、あそこの雨量がたっぷりである。恵明茶は唐の時代から植え始め、今まで1200年の歴史がある。南宋時代に、貢物となった。1915年のパナマ万博金賞獲得茶の名誉を称えて、中国一番名高いお茶の一つとなった。


金賞恵明茶


トップ5:松陽銀猴
 松陽銀猴は国家級の生態示範区である浙南山区より生産し、種類としては、「銀猴山蘭」や「銀猴龍剣」、「銀猴白茶」、「銀猴香茶」がある。品質が非常に良い。飲んだら、心が癒され、味わいが尽きない。松陽銀猴は「茶中の珠玉』と呼ばれ、中国茶事大会で、何回も賞を獲得した。2002年は、グリーンフード認証を獲得、2003年は、浙江省ブランド製品となった。


金賞恵明茶


トップ6:開化龍頂茶
 開化龍頂茶は銭塘江の源である開化県の特産品である。開化県の龍頂茶園は国家級の生態示範園である。開化県は、国家無公害お茶示範基地先進県と中国龍頂茶の郷と称されている。形はよく青龍が雲の中に身を捻るように見える。熱湯で入れると芽先が立ち、まるで蘭の花が幽かに咲くように見える。茶はあっさりとしたさっぱり味で、後味が香ばしく、三回入れても、まだ残り味が味わえる。香りが長持ちし、花の香りがします。明の崇禎4年(紀元1631年)、開化龍頂茶は貢物リストに入れた。開化龍頂茶は1985年に中国銘茶と評された以来、中国国際農産品展覧会で「国際銘茶」の金賞、中国無公害グリーン食品の称号、浙江省ブランド製品の称号と40回も獲得した。


開化龍頂茶


トップ7:武陽春雨
 武陽春雨茶は武義県の特産品である。「一夕の軽い雷、万の糸が落ちる」と言われる武義県は、山が次々と並び、水源が豊富且つきれいである。そのような素晴らしい自然環境で汚染なしで天然品質が保証できるこの武陽春雨茶は、1994年より開発された以来、多くの金賞を獲得した。
 武陽春雨茶の茶葉が少し小さめ、松針と似ている。色は緑に少し黄色い。フローラルな感じのある香りは、長く残る。後味は、心地よい苦みの後に甘く続く。


武陽春雨


トップ8:望海茶
 望海茶は、1980年に開発したお茶で、1984年に浙江省銘茶証明書を獲得した。望海茶は寧波市の一番早い省級に評された銘茶である。寧波市唯一の国家級の生態示範園である寧海県城で生産されたお茶である。深緑色で産毛があり細くまっすぐな形をしている。水色は柔らかなほんのり薄い緑で、まろやかな栗のような香りが長く続く。
 望海茶は開発してから以来、各種40項近くの賞を獲得し、例えば、浙江省ブランド製品、浙江省著名商標、中国国際農業博覧会ブランド製品における浙江農業博覧会金賞などの賞を獲得したことがある。


望海茶


トップ9:大仏龍井茶
 大仏龍井茶は中国お茶の郷である新昌県の名産品である。外形は扁平ですべすべし、真直ぐに尖っていて釘のように見える。色は瑞々しく、味はさっぱりとした甘味のある味で、茶は光沢があり、葉っぱは若く綺麗に揃った、優れた品質である。大仏龍井茶は全国20余りの省市でよく売れていて、ブランドの知名度がどんどん高くなっている。新昌県はお茶を戦略性主導産業として育っている。大仏龍井茶の発展環境がよく、市場が広くなりつつある。


大仏龍井茶


トップ10:緑剣茶
 緑剣茶は浙江省諸曁市で生産されている緑茶である。 「みどりあざやかな剣」というような意で、剣のように尖った一番摘みの茶芽のみを丹念に集めて作られたものである。味は少々淡いが、香りが長く続く。
 緑剣茶はIS14001国際環境管理体系認証、国家オーガニック国家無公害茶、浙江省グリーン農産品認証を通した。


緑剣茶