外国人向けの出入国カード

「外国人入境卡」の記入方法などについて


<外国人入境卡>
「外国人入境卡」は、つまり、出入国カードである。外国の方が中国に入る時、出入国審査カウンターに出さなければいけない書類で、かならずご丁寧にご記入ください。
航空券を予約した旅行会社によって、チケット手渡し時に出入国カードも添えてくれる場合がある。
また、航空会社によっては、出入国カードは中国人以外に配られる。搭乗員が日本人客と気づかず通り過ぎてしまう場合があるので、手を挙げてもらってください。
※「外国人入境卡」の記入例です。3行目の住所は、中国での滞在地を書く。15日以内の滞在なら、5?6行目のビザ記入欄は空欄でOKである。最後の行は、搭乗した飛行機のフライトナンバーである。


<イミグレーション(出入国審査カウンター)で>
入国審査のカウンターは中国人と外国人で分かれているので、必ず外国人の列に並びんでください。入国審査時はパスポートと入国カードを税関窓口に渡すのみ。入国審査は無言でOK。ほとんど事務的にスタンプが押され、顔写真確認のカメラが向けられて終わる。また、窓口に「入国審査員の態度に満足したか」を表すボタン(笑顔、普通、怒り顔)があり、審査が終わると押すよう催促するようであるが、別に押さずにスルーでも大丈夫である。