文成古道:から紅の歴史

今の季節、紅葉がだんだん色あせて、まるで色とりどりのショーが終わったような。もう最高の紅葉観賞期ではないが、でも、落ち葉は華麗な十二単のように、古道を覆われている。落ち葉を踏み、柔らかくて、ちょっと滑る。 山岳地帯に位置するから、古代の文成県の交通が非常に不便で、現在の古道はその時の「高速道路」、平陽、蒼南、青田、瑞安、景寧、泰順など県、たくさんの村及び悠久な歴史をつながっていって、重要な作用を発...

杭州市は国際機関の本部になった

今年9月12日、世界旅行連盟(World Tourism Alliance、以下WTAと略称)は中国で行った第21回世界観光機関総会に成立せれた。「旅行は生活と世界にもっと美しくなる」を主旨として、非政府、非営利の国際観光機関である。現在、29の国家、地区から89の会員を持っている。 先日、WTA、浙江省人民政府は北京で署名式が行われて、杭州市蕭山区の湘湖は正式にWTAの永久本部になった。杭州市はじめてこんな栄誉を得た。良好な国際化基礎...

チームラボアイランドは杭州で開催

数百万の累計来場者数に達したチームラボアイランドはロンドン、パリ、ロサンゼルスなど有名な都市でもう大きな反響を呼んで、世界トップクラスの芸術饗宴である。12月20日、チームラボアイランドは杭州市の万象城(The MIXC)で開催する。 万象城は杭州市の新時代ランドマークの一つ、敷地面積150畝、建築面積80万平方メートル、ショッピングセンターをコアとして、高級オフィスビル、五つ星ホテル、豪華マンションなど施設、功能...

森林温泉の鎮—深甽鎮

深甽鎮といえば、緑の森林、暖かい温泉、酸素に満ちた新鮮な空気…ファースト・インプレッションズは絶対に「天然」である。でも、深甽鎮の特色はこの素晴らしい生態環境だけではなくて、また、独特的な文化がある。千年前、詩人の罗隠は深甽鎮の竜宮村で水墨画のような作品を創作して、地元の美しい風景を描いた。缑北第一橋、育英书苑、双枝廟、孝友堂、林家廟、蔵工石塔など古くて、精巧な古建築、文化景観は、深甽鎮の今まで保存...

浙江省シェ族人口が一番多い村

沙渓村に来たら、至る所シェ族の雰囲気が感じる。各シェ寮(シェ族の伝統的な住宅)が並べている。あるシェ寮は清朝に建てられて、あるシェ寮は民国時代の建築、現代の新しい住宅でも、シェ族の強い特色を持っている。民宿 緑の植物、鳥の素晴らしい鳴き声、新鮮な空気、真っ青な空…沙渓村民宿のベッドで、毎日こんな朝が感じる。地元民宿の外観が簡素で、あまり目立たない。でも、優秀な環境は随所に見えることではない。付近の...

知恵観光地千島湖

淳安県は浙江省第一陣の知恵旅行試行県、浙江省第一陣の全域旅行模範県の一つ。近年、色々な実行した知恵プロジェクトにつれて、淳安県の千島湖風景区も知恵観光地ベスト100に入選した。ここで、いつでもどこでも、知恵旅行の便利さを楽しむことができる。スマートフォン:親密なガイド 千島湖風景区には120余りの公衆無線LANを設立して、約3000人同時にWi-Fiを使うことができる。また、150余りの観光船には322の公衆無線LANもある...

冬季、麗水の古道へ行きましょう

括蒼古道 括蒼古道は唐朝末期、宋朝初期に建てられた。縉雲県東渡鎮の樊荘から、麗水市の岩泉街道まで、25キロにおよぶ。昔、これは麗水から温州に至り、甌江流域から都城に至る主要な道路。たくさんの都城からの官吏は括蒼古道を通じて麗水に来るから、古道は「官道」、「通京大道」という別名がある。今まで、古道には色々な伝説、物語が伝わっている。官嶺古道 よく保存している官嶺古道は官岭村や利山村につながって、景色が...

莫干山、未来の公共芸術博物館

最近、たくさんの肌色が違い、年齢が違い、違う言葉を話している人は徳清県莫干山鎮の各村に現れている。地元の自然を考察するやら、伝統的な手芸を学ぶやら、おばさんと一緒にお菓子を作るやら、何もやってきた。彼らはヨーロッパ、アフリカ、中国の芸術家。ここに来た理由は、「莫干山一帯一路公共芸術行動計画」である。この計画の目的は、各種の芸術作品を通して、莫干山鎮の各村を公共芸術博物館になる。 この世界的な公共芸...

杭州市の「公衆トイレ革命」

公衆トイレは観光地重要な一部として、無視できない。今年、中国国家観光局は「公衆トイレ革命」を提出した。杭州市は積極的に呼びかけに応えて、西渓湿地はパイロットリストに計上される。また、観光公共サービスレベル、観光客の満足度をいっそう向上させるためいに、豊富な観光資源を持ち西湖区の17の公衆トイレは改造している。 現在、杭州市の西渓湿地に来たら、観光客たちは風景区の深潭口の公衆トイレに驚くかもしれない。...

浙江省最初の工業遺産観光基地

最近、中国最初の工業遺産観光基地リストが発表された。ただ10の観光地は入選した。新昌ダリ・絹の世界観光地は浙江省唯一の入選した観光地。これは中国最初の絹の文化や産業観光をテーマとして国家AAAA級観光地である。 近年、観光地は絹の現代工業園区から文化的な産業観光施設になった。百年の古石臼、千年の桑の林、万年の埋れ木、億年の木の化石、文化石刻、文化博覧館、伝統文化園、有機農業園、生態体験園、絹製品展示センタ...

第4回越州窯青磁文化祭

越州窯は中国古代最も有名な青磁の窯。1800年前の後漢末期に現れて、南宋時代まで、越州窯青磁の制作歴史は1100年に達す。そのうち、越州窯の秘色磁器は晩唐の詩人陸亀蒙に「山々の緑を奪ってきたようだ」と称え、青磁の最高峰である。 12月1日、慈渓市体育館で第4回越州窯青磁文化祭の盛大な開幕式を行う。今回のテーマは青磁文化の伝承、発揚、慈渓市文化の個性を強調し、及び上林湖越州窯遺跡を世界文化遺産に申告する。そして...

浙江省の特色の軽食

新昌搗き餅 新昌搗き餅は古米で作った。口当たりが柔らかくて、歯ごたえがいい。揚げる餅、焼く餅、煮る餅…餅の調理法が多い。でも、一番美味しいのは炒める餅。搗き餅は伝統的な正月食べ物として、昔、どの家も米を貯蔵して、餅を作る。縉雲焼餅 焼餅は縉雲軽食の代表と言ってもいい。全国各地に「縉雲焼餅」があるが、縉雲の味をもっている焼餅はただ縉雲にいる。縉雲焼餅は伝統的な方法で作る。金色の皮がかりかり、焦げた砂...