これらの名所の秋の景色はとても美しい

​最近、二十四節気の白露が来た。さわやかな秋の幕開けて、寧波市の景色はだんだん色とりどりになりつつある。

最近、二十四節気の白露が来た。さわやかな秋の幕開けて、寧波市の景色はだんだん色とりどりになりつつある。

 

鄞州公園

大きなスギは寧波市の秋を代表する風物の一つで、多くの美しい写真はスギを主役にしている。鄞州公園のスギの栽培面積と規模はあまり大きくなくが、しかし、とても繊細で、優雅な庭園の美しさを作り出した。

 

茅镬村の古树公園

近年、茅镬村はだんだん有名になり、その理由はここの「顔」、秋の茅镬村いつもより綺麗である。一番魅力的なのは多くの木で、特に松とイチョウはここの美しい景色の「センター」である。

 

棲霞坑古道

秋の「宝の地」として、四明山の棲霞坑古道は必ず行く名所である。

古道の両側はスギでいっぱいで、春は緑に包まれて、夏は日差しを遮る。10月中旬には、落ち葉が敷き詰められ古道は黄金の道になる。また、カエデの紅葉は情熱的な炎のようで、涼しい秋に暖かさをもたらする。

 

天童寺

「東南仏国」と呼ばれている天童寺は禅宗の五大名寺の一つで、また、イチョウ見物のいいところの一つである。お寺の禅味が染みついているせいか、ここのイチョウは独特の落ち着いた感じがする。黄色のお寺、黄色の銀杏は、秋にはとてもまばゆいである。

 

金峨禅寺

金峨禅寺は寧波市の南の金峨山にある。寺内のフウの年齢は600年を超えて、今も盛んでいる。フウがお寺を引き立たせて、どの角度から見ても美しい。古い木と古いお寺は悠久の時を沈殿していって、人の心の中の悩みはすべて消えてなくなる。

 

四明湖

毎年秋になると、四明湖のスギは大自然の染料に染まり、色とりどりになる。宣伝はあまり必要ないので、多くの人がここに来る。

1950年代に四明湖ダムを建設する時、これらのスギを植えた。毎年の秋から初冬にかけて、ここで一番美しい時期である。スギの葉の色がとても豊富で、日光に照らされて美感に満ちている。

たまたま地元の牛や羊に出会ったことがあり、油絵のように美しい。

 

卖柴岙ダム

卖柴岙ダムは人が少なく,景色が美しいが,ただ少し辺鄙で探しにくい。でも、鴻渓森林農園から遊覧船に乗れば直接に到着できる。

体力がよければ、清修嶺古道からダムまで行ける。途中で茶園や森などの景色が見られて、秋の美しさを見つけに行きましょう。

 

柿林村

今、余姚市大嵐鎮の柿林村がとてもにぎやかである。村にはいたるところに柿の木が見られて、赤や黄色の柿の大きさは卵と同じぐらいで、木の枝がいっぱいかかっている。灯籠のような柿が山の村を飾り、ここを田舎風の美しい絵に変える。