今年のビワ祭りが始まった

ビワが出回るころになった。この5月の一番楽しみは、塘栖古鎮のビワ祭りである。今のビワは新鮮でジューシーで、採りながら食べて、家族に分けて買う。本当に素晴らしい。

ビワが出回るころになった。この5月の一番楽しみは、塘栖古鎮のビワ祭りである。今のビワは新鮮でジューシーで、採りながら食べて、家族に分けて買う。本当に素晴らしい。

 

塘栖古鎮では、ビワの栽培の歴史が千年以上もある。毎年5月には、地元でビワ祭りが開催されるて、今年の開幕日は511日。観光客はここに来て、塘栖古鎮の風情、美食、文化を十分に感じられる。

 

今、ビワはもう出回った。5月中下旬には、より多くのビワが熟成する。その順番は、南部と西部のビワは早く熟成する。

 

今年は日当たりがよく、ビワの生育環境も質もいい。祭りの攻略を紹介する。

 

販売エリア

510日から65日まで、塘栖古鎮の運渓路の南にビワ販売エリアを設置している。集中販売区、自主販売区、物流区、サービスセンター、医療観察点などの区域がある。

 

塘栖古鎮を遊覧しましょう


乾隆御碑、この巨大な石碑には、浙江省の人民は災害時も税金を納めているという歴史が記録されて、これも乾隆帝が浙江人に与えた一番の表彰。


古鎮の広済橋の近くに、古い井戸があり、これは郭璞井である。伝説によると、東晋時代の文学者郭璞は風水に精通している。彼は干ばつを受けた塘栖に来て、風水で地下水を見つけて井戸を建てた。

 

塘超小径は、水郷の塘栖古鎮と梅の花で有名な超山を結んでいる。また、この遊歩道はまだたくさんの河道や池を通って、途中の景色はとても美しい。


観光コース:塘超小径は全行程約20キロある。塘栖古鎮の八字橋から出発して、塘栖村、超丁村、丁河村、丁山湖を経由する。その後南に向かって、深結港、沿山港を通り、超山に着きる。引き続き前進して、青蓮寺を経由して海雲洞に着きる。

 

丁山湖湿地は自然の生態と悠久な歴史と人文を保っている。湖のほとりを散歩したり、鮮やかな朝焼けや夕日を鑑賞したりして、気持ちも色とりどりである。

 

超山景勝地、古くから無数の文人を引きつけてきた。ここには古い建物や岩に保存されている古代の書道がたくさん。茶芸の公演は特色の一環で、暑い午後にお茶を一杯飲むのは本当に気持ちがいい。