この杭州市の古い建物で中国の古典庭園の美しさを感じる

中国の建築といえば、江南の庭園は代表的なものである。杭州市の胡雪岩故居は「江南一の豪邸と言われている。外見からは、豪華な感じがしないが、でも入って行けば、あなたはきっと感嘆する。

中国の建築といえば、江南の庭園は代表的なものである。杭州市の胡雪岩故居は「江南一の豪邸と言われている。外見からは、豪華な感じがしないが、でも入って行けば、あなたはきっと感嘆する。

 

胡雪岩は清朝末期の有名な商人で、官僚でもあり、両替屋、不動産、兵器、シルクなどを経営した。1872年,彼は大金を使って豪邸を建てた。敷地面積は10.8ムー、建築面積は5815平方メートル、建築の配置と構想は当時随一であった。

 

胡雪岩故居は主に中軸区、東の庭、西の芝園という三つの区域に分かれている。

 

百獅楼は中軸区の主体建築、広くて立派で、ここでは貴賓を招待して、大きなイベントを行う。

 

東の庭は家族の生活するところ、建物が錯綜している。

  

胡雪岩故居の一番素晴らしいところは西の芝園。ここには美しい園芸の景観と精巧な建築があり、特に芝園の大きな築山が一番有名で、四つの穴を互いに貫通している。

 

建物

胡雪岩故居は博物館のようで、いつも伝統の美しさを感じさせる。各種の様式の建築は非常に精巧で、周囲の環境と完璧に融合して、中国江南建築の庭園が現れている。

 

築山

築山はここの特色ある風景の一つ、いろいろなスタイルを持って、観光客の目を引く。ここの築山には、中国で一番大きな人造溶洞がある。中に入ると、窓のような小さな穴がたくさん見えて、壁にはたくさんの書道彫刻がある。

 

橋と水

江南の庭園には必ず橋と水が持う。芝園の池に石橋があり、昔のままの姿。ここに立って、百年前の時代に戻ったような気がする。

 

彫刻

胡雪岩故居の至るところに美しい彫刻が見られる。れんがの彫刻「五獅子あじさい遊び」は天井の東側の壁にあり、生き生きとしている。この彫刻には家族が繁栄するという意味がある。日光が彫刻された扉や窓を通り抜けて、地面に散らばって、とても美しい。

 

庭と天井

胡雪岩故居は典型的な徽派建築、高い壁、深い庭、重い扉、狭い窓が特徴である。ここには大小の庭がたくさん、庭ごとに天井がある。古代において、天井は天と地をつなぐとされる。天井から空を見上げると、何を考えるか?

 

廊下と路地

ここには長い廊下があり、広くて明るい。廊下の突き当たりは路地、採光が悪いので暗い。このようなコントラストは、太極の陰と陽のようた。

 

胡雪岩故居を見学するには予約が必要で、注意してください。

住所:杭州市上城区元宝街18番

交通:No. 113、No. 216No. 315No. 327No. 352No. 59No. 60No. 71No. 801バスに乗って、胡雪岩故居駅で降る。