浙江演芸グループは南昌市で復帰のラッパを吹いた。

新型コロナウイルスによる100日間休業した浙江演芸グループは、復帰のラッパを吹いた。5月8日、浙江演芸グループの浙江歌舞劇場は、江西省南昌市の2019年度モデル人物発表会に出演した。

新型コロナウイルスによる100日間休業した浙江演芸グループは、復帰のラッパを吹いた。5月8日、浙江演芸グループの浙江歌舞劇場は、江西省南昌市の2019年度モデル人物発表会に出演した。

 

今回のイベントは南昌市委員会が主催、疫病の後の南昌市の初公演、また浙江演芸グループ復帰の初公演。地元政府の主要指導者と100名以上のゲストが現場で観覧した。

 

公演のダンス作品は有名なダンサー、国家一級監督、国家一級俳優の劉福洋によって編成されて、音楽からダンスまでの発想は、今回のイベントのテーマに沿ってカスタマイズされた。

「腾飛」は気勢がみなぎた。その後、「浣紗女」は優しい江南物語を展示した。剛柔な「築夢」には敢闘のな精神がこもった。歌「すばる」の歌詞とメロディーが美しい。いくつかの国や地域を訪れたことがある彩蝶女楽は江西民謡「请茶歌」を演奏した。。


公演が終わったら、南昌市委員会書記の呉暁軍は高度な認可を与えた。特に、浙江歌舞劇場の芸術創作力には絶賛が絶えなく、また、出演者全員に感謝の意を表した。

 

今回の公演は浙江演芸グループ2020年に省外での初公演、準備期間が短く,演出の仕様が高い。演出の質を保証するそして疫病による負の影響を打破することために、浙江歌舞劇場は全員残業で演出の編成をした。公演直前に、出演者全員がウイルスの核酸と抗体検査をして、予防知識を繰り返し普及させて、自己防衛意識を強化した。全員が途中でマスクをして、目的地に到着したら閉鎖的に管理した。多くの努力が今回の公演を円満に成功させた。