無形文化遺産、歴史の長い宝物

杭州は歴史が長く、無形文化遺産も豊富である。真珠のような無形文化遺産が杭州の文明、記憶が含まれて、この都市のの片隅に散在している。その中で一番魅力的なプロジェクトは伝統工芸技術である。

杭州は歴史が長く、無形文化遺産も豊富である。真珠のような無形文化遺産が杭州の文明、記憶が含まれて、この都市のの片隅に散在している。その中で一番魅力的なプロジェクトは伝統工芸技術である。

中国篆刻(西泠印社金石篆刻)

中国篆刻は書と彫刻が結合して、印章を作成する芸術である。篆刻の発展歴史の中で、杭州はとても重要な地位を持っている。特に1904年に設立された西冷印社は、中国の金石学、篆刻の研究の歴史が最も長く、影響が最も大きい学術団体として、「金石学を保存、印章を研究」を主張している。百年余りの間に、多くの社員が募られて、その中には呉昌碩などの巨匠が含まれる。西冷印社の影響力は全世界をカバーして、「天下第一名社」の誉れがある。

2009年、中国篆刻は国際連合教育科学文化機関の「人类無形文化遺産代表リスト」に登録された。

中国の養蚕絹織物の職人技術(杭羅織造技術)

羅は絹織物の一種、杭州産の杭羅は代表的なものの一つ。杭羅の歴史は長い。明代、杭州はもう五つの絹織物生産の重要な都市の一つになった。清代、杭羅は当時の有名な商品である。

2009年、中国の養蚕絹織物の職人技術の一部として、杭羅織造技術は無形文化遺産に登録された。

中国古琴芸術(浙派古琴芸術)

古琴は中国の古い伝統楽器、2009年の無形文化遺産リストに登録された。浙派古琴芸術は南宋に始まり、郭楚望は創始者とされている。有名な琴家の徐元白は浙派古琴芸術を現代に復興させて、今、浙派古琴芸術は現代古琴芸術の最も重要な派閥となった。杭州の西湖琴社、霞影琴館などの団体は、古琴芸術を展示する主要なプラットフォームである。

2010年、中国古琴芸術の一部の浙派古琴芸術は、無形文化遺産として正式登録された。

中国二十四節気(半山の立夏民俗)

立夏は夏の気配が立ち始める日、杭州の半山地区には立夏に関する民俗がある。

立夏の日、人々はお寺に行き、春を送り、夏を迎えるという意味がある儀式を行う。烏飯を食べること、体重を測ること、縁日を行うこと…にぎやかなイベントがとても多い。これらの豊かな民俗は、体の健康、夏を無事に過ごす、作物の豊作を祈るなどの意味がある。

2016年、半山の立夏民俗は中国二十四節気の一部として、杭羅織造技術は無形文化遺産に登録された。