第129回広州交易会 4月中旬の開催に向け準備は順調

第129回中国輸出入商品交易会(広州交易会)が4月15日から24日にかけて、オンライン形式で開催されます。現在、その準備活動が順調に進められています。

第129回中国輸出入商品交易会(広州交易会)が4月15日から24日にかけて、オンライン形式で開催されます。現在、その準備活動が順調に進められています。

去年の2回のオンライン開催を経て、広州交易会のネット上のプラットフォームはほぼ整っており、今回はその機能の最適化をさらに進めるほか、サプライヤーとバイヤーのマッチングを一層向上させるとしています。現在、出展企業2万5000社がオンラインショールームへの商品情報の掲載を進めています。

新型コロナウイルス感染症の世界的な流行が続く中で開かれる今回の広州交易会では、海外バイヤーの出展ハードルをクリアすることに力を入れています。

また、今回もオンラインでの新製品発表会が行われるほか、貧困脱却の成果固めを目的とする「農村振興」特設コーナーも設けられ、貧困を抜け出した地域の企業の国際進出を支援します。このほか、オフラインでも一連の貿易促進活動が行われる予定です。


http://japan.visitbeijing.com.cn/a1/a-XF9QZ12C9E4571ABEF4DC8 より