うっとりさせる秋の杭州の絶景

杭州の秋は長くないが、いつも色が鮮やかである。秋は杭州のどの名所に行けばいいか?

杭州の秋は長くないが、いつも色が鮮やかである。秋は杭州のどの名所に行けばいいか?

 

楊公堤

「西湖三堤」の一つの楊公堤は蘇堤、白堤より観光客が少なく、景色は少しも遜色がない。秋になると、ここは「落ち葉の雨」が降り、スズキの金色の落ち葉が道路を覆っている。

ある落ち葉が風に乗って空を舞って、西湖の水面に落ちる。空から見下ろすと、青々とした湖水と金色の落ち葉が映えて、とても美しい。

 

太子湾公園

太子湾公園は四季を通じて絶景が続いて、この時一番美しいのは、あの赤い紅葉である。水辺の紅葉は色鮮やかで、遠くの小さな山と水面に映えて、自然によって創作された感動的な芸術品。

朝に太子湾公園を散歩すると、緑の芝生に白い霜が浮いて、木の葉が色彩豊かで、水面に淡い霧が立って、日光が林に降り注ぐ。まるで童話の世界。

 

九渓

九渓は杭州の秋の人気スポットで、決して失望させない。

入り口のスズキから、茶園を通って景色が綺麗になる。引き続き前進して、絢爛たる紅葉が目の前に現れる。紅葉の下はきれいな小さい川、このような組み合わせにうっとりさせられる。

また、九渓の他の木もカラーパレットのようにカラフルで、完全に見ても飽きない。

 

半山国家森林公園

杭州の天気は次第に涼しくなり、半山国家森林公園の色とりどりの秋が来た。

望宸閣から杭州の秋景色を一望する。湖に沿って歩いて、景色を心ゆくまで楽しむ。林の間の遊歩道を上って、山の至るところに秋が「色を塗る」のを見る。秋の多彩な絵巻が公園に咲き乱れている。

 

良渚の水田

中国の南方では米を主食としている。この食習慣は少なくとも5000年前までさかのぼり、当時の良渚先民が暮らしていた太湖流域の気候が温暖で湿潤で、イネの生長に適して、主な食べ物になった。

現在、良渚古城遺跡公園の千ムーの稲が実って、年に一度の豊作の時期を迎える。公園では美しい景色を見たり、歴史を知るほか、農事体験もできる。五千年の中華文明史を記録した土地で、古い稲作文明を感じる。