桐廬県民俗三日間の旅

桐廬県は浙江省の西北部に位置して、四面を山に囲まれ、富春江と合流する地理的な優位性を持っている。桐廬県は生きた水墨絵、ここの美しさはまさに大気精緻な『富春山居図』のようである。その間の美しい田舎はこの水墨絵の中で一番美しい油彩。

桐廬県は浙江省の西北部に位置して、四面を山に囲まれ、富春江と合流する地理的な優位性を持っている。桐廬県は生きた水墨絵、ここの美しさはまさに大気精緻な『富春山居図』のようである。その間の美しい田舎はこの水墨絵の中で一番美しい油彩。

 

Day 1

 

まず深澳古街に来て、伝統的な建築技術の体現が見られる。古風で高い塀、奥深い路地、静かに流れる渓流……これらはみな千年の古い町の縮図。濃厚な民俗、独特な水系資源、多くの古建築および長い宗氏文化が、有形と無形の文化遺産を集めた古い町が構成されている。

 

講堂の前で、上から下までジャンプする深澳高空獅子舞を鑑賞する。役者が竹の棚に立ち、ロープに乗って上下に降下して、アジサイを奪い合う。

 

また、自分だけの深澳彩灯を作ってください。深澳彩灯作りの伝承者が従って、深澳彩灯の歴史を知り、伝統文化の精髄と工芸の伝承に対する情熱を燃やす。

 

そして、荻浦村では「江南時節」の長い歴史と文化の内包を全面的に理解して、当地の美食を味わう。

 

翙崗廉潔紙切り館の紙切り作品は、廉潔をテーマにした。はさみ一つ、紙一つで、生活の喜怒哀楽を表す。

 

荻浦古劇台で桐庐越劇の抑揚を聞く。

 

DAY 2

 

まず景色のいい合村に行く。

 

合村の瓦彫刻を体験し、変わった民間文化の魅力を感じる。

 

昼は合村の端鍋料理を食べる。端鍋料理は長い歴史を持って、祝日になると、どの家でもこの料理を作る。

 

食事の後、合村の刺繍靴を学びましょう。

 

午後、瑶琳鎮の紅提灯郷村家園に行く。酒屋、劇場、書場、村民の宗祠などの田舎の景観を見学して、見せ物、手作りの菓子、戯曲公演などの民俗を体験する。

 

DAY 3

 

莪山郷でシェ族の民族風俗を経験する。透き通った渓谷のほとりで、時々シェ族の村人たちがあなたに向かって優しく微笑んで、山の間のシェ族の民謡も聞こえる。

 

シェ族はお酒が好きで、お酒にも強い。当地では昔から秋、冬に赤麹酒を作る風習があり、代々伝わる酒の醸造芸は人と酒の物語を満たしている。

 

昼食はシェ族だけのテーブル席、これは遠くから来た客を招待する最高規格の礼儀。伝統的なシェ族の料理を食べて、味蕾の喜びを楽しみましょう。

 

食事の後、シェ族彩帯館で彩帯編み芸を体験する。シェ族の彩帯は今に伝わる「生きた化石」、前民の祈りを載せ、オリジナルの「シェ族記号文字」をそのまま残している。シェ族の彩帯はシェ族の輝かしい文化の中で最も民族的特色のある工芸品で、シェ族文化の生きている文化財。