​ルレ シャトー チャプテル 杭州、西湖で民国時代の魅力を感じる

​杭州市上城区の長生路と蕲王路の交差点で、民国時代風の建物がいくつか見られる。れんが塀、屋上テラス、ブラインド……細かいところまで時代感が漂っている。これは湖辺邨建筑群。

杭州市上城区の長生路と蕲王路の交差点で、民国時代風の建物がいくつか見られる。れんが塀、屋上テラス、ブラインド……細かいところまで時代感が漂っている。これは湖辺邨建筑群。

 

1930年代に建てられた湖辺邨建筑群の総建築面積は約3322平方メートル、東と西の二列の建物で構成され、建物の間は過街楼でつながっている。湖辺邨建筑群は杭州のが早く、規模が大きく、様式が美しく、完全に保存されている新式石庫門住宅。湖辺邨建筑群の隣のルレ シャトー チャプテル 杭州(Relais & Chateaux Chaptel Hangzhou) は昔の石庫門住宅から改造し、シックで優雅で、民国時代の魅力に満ちている。

 

1930年代を還元」はホテルの核心理念で、新しい建物と古い建物、現代と歴史はここで完璧に融合している。

 

一階:ロビー、フロント及び公共区域

白傅路に面したホテルの一階には新しいロビーとフロントが設けられた。空間のデザインがより近代化され、よりリラックスされる。また、は開放的で多元的な心理態度、豊富な業態とシーンでお客さんを迎える。

 

E Space

 

E Spaceはホテルの3階にある芸術文化空間、ここは集まった面白い創造力によって流動的な個性を与える。不定期に豊富な展示とイベントを計画して、文化創意、芸術、生活などのテーマサロンを定期的に開催している。E Spaceは会員制の雑誌図書館と共有オフィスエリア、お客様向けに専門的なShowroom、交流プラットフォームを作り、ここで小さな会議もできる。

 

ルーム紹介

 

石庫門シリーズ

建造時間:1930年代

歴史:当時の民国安徽主席の張義純さんはここに湖辺邨建筑群を建てた。2007年、湖辺邨建筑群は文化財保護機構単位、杭州歴史建筑として登録された。

 

▲クラシックルーム

面積95平方メートル、3階。ベランダ、屋上テラスが含まれる。

 

▲親子向けスイート

面積110平方メートル、3階。大、小寝室、ベランダ、屋上テラスが含まれる。

 

▲ファミリールーム

面積110平方メートル、1階。ダブルベッド、二つのベランダが含まれる。

 

隠廬ガーデンシリーズ

建造時間:1920年代

歴史:隠廬は民国少将の呂民貴が自ら設計した旧居。建物の中で古代ギリシャの建築要素に応用され、階段、門のへり、窓のへりの上の精巧で美しい彫刻、装飾は完全に保存されている。

 

ガーデンヴィラスイート

面積300平方メートル。トイレのある寝室三つ、レストラン、リビング、書斎、ベランダ、単独の庭が含まれる。

 

夏久レストラン

ホテルの二階の夏久レストランはアップグレードされ、フランス料理だけを西湖に持って行っても、西湖をフランス料理の中に入れる。シェフチームは伝統的なフランス料理にこだわらず、地元の食材の特色を十分に発掘している。

創意的な食事に合わせて、レストランでは飲み物の選択も伝統的なパターンから逸脱する。伝統的な産地や種類のお酒以外にも、今新興の有機酒、自然酒がたくさんある。また、フランス料理とは意外にお似合いの黄酒、清酒。

新旧の建物に呼応する湖辺邨建筑群で、レストランは歴史と現在の対話、東洋と西洋の交流の新しい表現を探した。そしてこの表現を理念とし、美しい生活を愛する人たちに次々と新しい味を紹介している。

 

西湖のほとりにある民国時代の優雅さ。西湖、杭州が読みたいなら、ぜひルレ シャトー チャプテル 杭州に来てください。