杭州の名高い山

「五月臨平山下路、藕花無数満汀洲。」この言葉は北宋の詩人、名僧の道潜の詩『臨平道中』から出て、道潜の親友の蘇軾はまたそれを岩に刻んだ。 臨平山は古代杭州のランドマーク、有名な観光地の一つ、かつて多くの文人が名声を慕ってやってきた。例えば、唐の詩人顧況は臨平山の14の観光スポットを題して、14首の詩を書きた。秋

秋になると、外で登山するのにいい時。

 

臨平山

「五月臨平山下路、藕花無数満汀洲。」この言葉は北宋の詩人、名僧の道潜の詩『臨平道中』から出て、道潜の親友の蘇軾はまたそれを岩に刻んだ。

臨平山は古代杭州のランドマーク、有名な観光地の一つ、かつて多くの文人が名声を慕ってやってきた。例えば、唐の詩人顧況は臨平山の14の観光スポットを題して、14首の詩を書きた。秋

 

超山

風景が綺麗で、遺跡が多い超山景勝地はウメで有名で、ここは蘇州の鄧尉、無錫の梅園と並んで、「江南三大のウメの名所」と呼ばれている。

まばゆいイチョウ、まっすぐな杉、さんぜんたる紅葉……今はウメの花期ではないが、超山は相変わらず水墨画のように美しい。

階段を伝って、ゆっくり登山する。途中、渓流の水の音が聞こえて、至るところに植生が茂っている。歩いていると、気持ちがだんだん楽になる。

 

径山

径山は杭州の北西50キロのところにあり、景色が綺麗で、自然環境がいい。

径山に登るには,必ず古い径山古道を歩く。径山古道は唐の時代に建てられ、今まで千年以上の歴史があり、路面は青い石板を主とする。

古道の両側は広い竹林が多く、5か所の古いあずまやを通る。崖の上に南宋の2つの石刻——「仏聖水」「聖寿無疆」が見られる。望江亭からの眺めはとても開けていて、天気のいい日には銭塘江が見え隠れする。引き続き登山して、洗硯池、金線竹、孝宗の御石碑のあずまやを通り、ついに山頂の径山寺に到着

この古いお寺の前に立ち、仏教の静かさと神聖さは十分に感じられる。ここで線香をあげて参拝して、家族や友達にお願いしょう。