都市の中央で工業と文化の衝突を感じる

以前は杭州にも多くの工場があった。産業の転換に伴い、多くの工場が淘汰され、その中の一部は文化芸術創意園区に改造された。これらの園区は文化と芸術の雰囲気に満ちて、工業時代の痕跡も残していますので、見物に行く価値がある。

以前は杭州にも多くの工場があった。産業の転換に伴い、多くの工場が淘汰され、その中の一部は文化芸術創意園区に改造された。これらの園区は文化と芸術の雰囲気に満ちて、工業時代の痕跡も残していますので、見物に行く価値がある。

 

杭州創意設計センター

杭州創意設計センターはにぎやかな艮山西路に近いが、静かで信じられないほどである。ここの面積は5万平方メートルに達し、24時間無料で開放されている。人がそんなに多くないばかりでなく、とても面白い。

杭州創意設計センターは多くの人の気に入りのロケ地。建物の多くは以前の工場で、主な色調は灰色、明らかな工業スタイルを感じる。いくつかの建物の上にヒップホップの特色がある落書きがあり、視覚効果がすばらしい。

ここには面白いお店がたくさん、それぞれ独特の特色とセンスがある。

 

杭州糸連166文創園

杭州糸連166文創園の前身は杭州シルク捺染連合工場。工場は元ソビエト連邦の専門家が設計し、ドイツ人が監督し、浙江省初の鋸歯状工場。

今、文創園では個性的な撮影スタジオ、美しい花屋、おしゃれな洋服屋、芸術的な雰囲気のあるデザイン会社が見られる。また、ある曲がり角でまだ動いている古いマシン。時間はここで交差しているようで、これも杭州糸連166文創園の魅力。


東信和創園

小和山の近くにある東信和創園も昔の古い工場を改造して、ここの多くの建物は赤レンガで作られた。至るところに植生がたくさんあり、快適である。東信和創園にはお店が多く、家具、器物、服飾、花芸、写真、コーヒーをカバーして、すべての人の需要を満たす。

 

鳳凰国際創意園区

鳳凰国際創意園区の前身は1958年に建てられた双流セメント工場で、多くの工業風の要素を残している。例えば、以前の工場の安全標語、巨大な円筒形のストレージ。

鳳凰国際創意園区の面積が広くて、人が少なくて、どこでも芸術感が溢れている。既存の建物のほかに、「エアレストラン」、「ウォーターバー」などの施設が新設された。ここでは芸術展やデザイン展がよく開かれ、漫画家蔡志忠記念館も園内にある。

 

象山芸術公社

象山芸術公社は芸術風の産業園、建築様式が比較的に統一され、白い壁、黒い瓦や木の窓が特徴である。建物の外のすぐそばに濃い線の飾りがあり、デリケートで上品で、木の引き立ても加えて、油絵のようである。