千年の京杭大運河は、秋の「最高の味」を沈殿させる

ある運河は歴史の中にも、私たちのそばにもある。運河は南北をつなぎ、千里の境を一つにし、長い時間の中で両岸のにぎやかなにぎやかさと文化の沈殿物を流れ出した。運河は「中国北方のベニス」を形作って、また南端で最も純粋な江南地域の雰囲気を沈殿した。これは千年にわたって流れ続けてきた京杭大運河である。

ある運河は歴史の中にも、私たちのそばにもある。運河は南北をつなぎ、千里の境を一つにし、長い時間の中で両岸のにぎやかなにぎやかさと文化の沈殿物を流れ出した。運河は「中国北方のベニス」を形作って、また南端で最も純粋な江南地域の雰囲気を沈殿した。これは千年にわたって流れ続けてきた京杭大運河である。

 

京杭大運河の南にある浙江省は運河のほとりで豊かなにぎわいを醸し出して、独特な江南地域の意味を結集する。

 

運河の両岸を流れているのは、歴史文化の内包、飾り気のない風土、そしてここに根を下ろした美しい生活である。

 

橋西の博物館

これらの博物館は建設準備の時に、「王星記扇子」「張小泉はさみ」「西湖絹傘」という杭州の3つの老舗に基づいて、以前の古い工場と倉庫を利用、改築した。最終的に中国扇博物館、中国刀剪剣博物館、中国傘博物館、杭州工芸美術博物館からなる橋西博物館群が形成された。

 

小河直街

航運によって生まれた古い道で、南宋の時からあった。街の両側の民家の1階は商店、2階は居所、まったく昔日の型だ。米屋、布地屋、しょう油屋……古い杭州の日常はここで再現される。

 

富義倉

富義倉は清光緒六年(1880年)に建てらた。四年間をかけて、一万千両の銀を消費しまして、5万石(石は古代の質量単位、1石は今の120/60キロぐらい)の食糧を貯蔵できる。富義倉は大飢饉の年に杭州人に希望をもたらすところ、北京の南新倉と並び「天下の穀倉」と呼ばれている。今、百年の歳月を経た富義倉は中国国家重点文化財保護単位、京杭大運河の世界文化遺産スポット。

 

運河の遊覧船

武林門埠頭から出発し、遊覧船で運河のほとりの風景を鑑賞する。ここの歴史と物語をゆっくりと知り、この都市の心臓の鼓動のリズムを感じる。

 

塘栖古鎮

古い京杭大運河は北からくねくねと南へ伸びて、歴史の古い塘栖古鎮は大運河の南端に位置している。独特の風格を備えた沿岸市街の姿、歴史と文化の雰囲気が濃厚で素朴で、まるで千百年前の江南まで通り抜けられたようである。

 

長い歴史を持つ運河は静かに流れて、両岸の繁栄、千年の文化内包およびまぶしい時の華を育んだ。