曲水流觞

​晋代の書道家王儀之は友達謝安や孫澤など42人と一緒に、蘭亭修正の後、飲酒ながら、詩を吟じるという曲水流觞活動は永遠に人に覚えている。

晋代の書道家王儀之は友達謝安や孫澤など42人と一緒に、蘭亭修正の後、飲酒ながら、詩を吟じるという曲水流觞活動は永遠に人に覚えている。当時王儀之などは修正儀式の後、蘭亭泉の両側に座って、お酒いれた觞<古代の酒杯>を泉の中に入って、泉の上流から上流に徐徐下げって、觞は誰の前にあると、その人必ず詩を吟じるあとこのお酒を飲む。史料によると、今度のゲームに11人は各自に二つの詩が出てきた、15人は各自に一つの詩がある、16人は詩できない、罰として、各自3倍のお酒を飲んだ。王儀之は全部の詩を収集して、著名の<蘭亭集序>を書いた、後代の人に<天下第一の行書>と褒めされたので、彼自分も書聖の美称もあった。


ニュースソース:http://en.shaoxingtour.cn/Japanese/EN_FestivalDetails.aspx?part=4&type=2&AID=1&ID=7