東海の秘境、浙江省で一番美しい干潟

227キロに及ぶ海岸線には、岩礁と干潟が共存している。166の海島は地形が独特で,独特な景観を作り出した。「中国小海鮮の郷」として、59万ムーの浅海、21万ムーの干潟、19万ムーの海水養殖基地を持っている。ここは台州市の三門県、東海で栄えた町、浙江省南部の「宝の地」である。

227キロに及ぶ海岸線には、岩礁と干潟が共存している。166の海島は地形が独特で,独特な景観を作り出した。「中国小海鮮の郷」として、59万ムーの浅海、21万ムーの干潟、19万ムーの海水養殖基地を持っている。ここは台州市の三門県、東海で栄えた町、浙江省南部の「宝の地」である。

 

拡塘山島

三門湾内の122の島の中で、拡塘山島は三門境界内の三番目の大きい島で、地形が一番独特な島。億万年の歳月の中で、島の東と南は海によって奇異な侵食の景観を「彫刻された」。国内でもまれな自然景観。

 

拡塘山島は褐色の赤い火凝灰岩で構成され、さまざまな形の岩礁と岩で有名で、「中国暗礁博物館」と名乗っている。波が長い間押し流されて,10キロ近くの岩礁群と洞穴群が形成された。

 

Tips:観光客は多くないが、でも島に行く交通は便利である。方山埠頭からフェリーで数分で着く。

 

蛇蟠島

台州市で一番大きな島の蛇蟠島は地形のため、古代の海賊はここを守りやすく、攻め落としにくい大本営として、多くの伝説が伝えられている。

 

蛇蟠島は「海の仙子の国」とも言われている。島には千年の石切りの歴史があり、無数の形の異なる人工洞窟が作られた。これらの洞窟は人間工学の奇妙さを表して、地元の「千洞島」に美称を与えた。蛇蟠島の石材の品質は非常に優れて、ここを三門石窓芸術の発祥地にした。

 

野人洞、海賊邨、滑泥公園は島で一番有名な観光スポットで、獅子嶺展望台は日の出を見るにはいいところ。

 

Tips:三門上敖埠頭からフェリーで島に行き、車ならフェリーにも乗れ、観光にも便利である。

 

花橋鎮

花橋は橋で、村で、町でもある。昔、花橋鎮はかつて非常ににぎやかな商業貿易の重要な町で、清の時期には当地にも役所が設けられた。世の中が浮くにつれて、町は歴史の流れに埋もれて、だんだん人に知られなくなった。

 

マテガイは花橋鎮の名産、「薄い殻、よい肉質、白い色、甘味」で知られている。関頭海鮮街は万ムー小海鮮養殖場に隣接して、マテガイをとるから料理を作るまで20分しかかかりません。簡単な調理法、天然の鮮味、普通の料理が、お客さんがとても多い。

 

交通:杭州から車で三門県まで3時間ぐらいかかり、高速鉄道列車に乗るなら約1.5時間。上海から車で三門県まで4時間ぐらいかかり、高速鉄道列車に乗るなら約2.5時間。