八達岭長城が公式日帰り観光コース開始

3月27日から八達嶺万里の長城観光エリアは毎週末「公式日帰り観光コース」を提供するそうです。応募した観光客は「長城バス」で八達嶺に行くことができます。

3月27日から八達嶺万里の長城観光エリアは毎週末「公式日帰り観光コース」を提供するそうです。応募した観光客は「長城バス」で八達嶺に行くことができます。万里の長城に登ったり、9 Dの長城の映像を見たり、長城博物館を見学したりできます。なお、八達嶺「夜の長城」は4月3日にオープンする予定です。これは本紙記者が3月24日八達嶺万里の長城観光地から得た情報です。

八達嶺万里の長城観光エリアの「公式日帰り観光コース」には、「長城バス」の往復乗車券、八達嶺万里の長城の大人チケット一枚、球幕劇場の大人チケットと中国長城博物館のガイドサービスが含まれています。さらに、八達嶺ロープウェイの片道チケットを含んだセットも提供されています。

「公式日帰り観光コース」は観光エリアの文化旅行資源を統合しました。唯一の公式コースだけでなく、人気ガイドの解説を楽しむこともできます。文化、知識、科学普及、娯楽を一体化にし、文化財保護の知識を重点的に紹介し、「文明観光」を提唱しています。また、ガイドはいつでも丁寧に対応するので、「三無一有」つまり「品質有り、強制無し、買物無し、他の有料項目無し」というサービスが保障されています。

注意事項

「公式日帰り観光コース」は毎週の土日限定です。出発前日の16時までに「長城内外旅遊」というWeChatの公式アカウント、または天猫や飛猪の「八達嶺長城景区旗艦店」で事前予約を行ってください。身分証と予約の携帯番号で乗車してください。

「長城バス」は午前9時に国家図書館地下鉄駅C口で集合して出発し、午後3時30分に観光スポットで集合して市内に戻る予定です。片道は約一時間半です。


http://japan.visitbeijing.com.cn/a1/a-XF9QZ89BFE17A11F55C597 より