杭州の秋の最初の色を探す

​春の景色が綺麗だと言われて、秋の景色は退屈ではない。こずえのまたの間、行きつけの小道、青く澄んだ空、杭州の秋の優しさにはいつも酔いしれる。

春の景色が綺麗だと言われて、秋の景色は退屈ではない。こずえのまたの間、行きつけの小道、青く澄んだ空、杭州の秋の優しさにはいつも酔いしれる。

 

木の色

 

杭州の秋の韻は道端の枝から現れ始めたので、冷たい秋風とともに、葉は秋だけの色に染まった。

 

西湖の隣の南山路で、木々が黄色、緑に交じりになり始めた。残る緑は夏の青春の味で、黄色がのは秋の成長。もうしばらくしたら、地面いっぱいに褐色の落ち葉がある。夕日に映えて、驚くほど美しい

 

秋の色と味を楽しみたい、そして人が多いことを望まないなら、西湖の近くの山に行く。霊隠寺の一帯は景色が綺麗で、空気も素晴らしい。深呼吸して、禅の境地も鼻腔に入ることができる。

 

これはちょうど柿のショータイム。枝にぶら下がっているふくらんだ果実が秋の最初の色だけでなく、秋の最初の甘い味。明るい色、甘い果肉、柿は大自然が人々にあげる上で良い贈り物。

 

甘いものがあまり好きでないなら、お茶を一杯飲みましょう。秋はお茶摘みの季節で、春茶摘みのように一刻を争うのとは違って、もっとゆっくりな感じ。龍の田舎と茶山には、秋の茶の香りが漂っている。秋はオレンジだけではなく、この緑も感動的で、まるで紙に躍り出る散文詩みたい。

 

道と水面の色

 

春、夏があまりにも慌ただしいなら、秋に散歩に出かけたほうがいい。知らない道を歩いて、秋風のもたらす優しさを感じる。秋の色の中で、秋の風を追いかけて、耳元の風の音も季節の味を帯びている。

 

竜門坎村の遊歩道に沿って山に登り、山の間にうねる。秋はオレンジと黄色の天地で、山はまだ緑に包まれて、夏の最後のプレゼント。

 

秋の道は風が吹いて、枝と空の雲の震え、本当に美しい画面。油絵のような静けさを鑑賞するなら、良渚にぜひ行ってみてください。四季折々の良渚が魅力的で、秋は一番気品がある。秋は良渚との相性がいいで、もっと特別に美しい。

 

空の色

 

杭州の秋の空には、優しさ、優雅さ、純粋、輝きが隠れて、色とりどりの空も秋が本当に来たを示している。

 

秋の空は夏のような暑さがなく、色彩が豊かだ。また、高いところからの眺めにもぴったり、広々とした空、あるいは澄みきった青、またはきらきら輝く赤。秋の空大賞を逃してはいけません。