杭州の代弁者—薇婭は世界に「この世の天国」の美しさを紹介する

昔から杭州には「この世の天国」という美称があり、この中国歴史文化名城は無数の人を引きつけ、数え切れないほどの賛美を得た。近年、杭州の一番有名な名刺は「電子商取引の都」、杭州も一番早くライブコマースのブームに触れる都市。淘宝網が発表した『2020淘宝ライブ経済報告』によると、中国の淘宝ライブコマース都市のTop 10中で、杭州は第一位。

昔から杭州には「この世の天国」という美称があり、この中国歴史文化名城は無数の人を引きつけ、数え切れないほどの賛美を得た。近年、杭州の一番有名な名刺は「電子商取引の都」、杭州も一番早くライブコマースのブームに触れる都市。淘宝網が発表した『2020淘宝ライブ経済報告』によると、中国の淘宝ライブコマース都市のTop 10中で、杭州は第一位。

 

2017年、広州で電子商取引をしている薇婭さんは杭州に引っ越し、ここでプロのライブコマースチームを作った。521日は一年に一回の「薇婭ファンフェスティバル」、今年のイベントは杭州奥体博覧城のテニスセンター(ニックネームは小蓮花)で行われて、多くの芸能人を招待して、公益のために協力した。薇婭さんはインタビューで「杭州は私の大好きな都市と私の第二の故郷です。ここに住みつき、起業するのはとても幸せです。」と語った。

 

今年の3月に、杭州市は2022年第19回アジア競技大会初の優秀音楽作品発表イベントを開催した。薇婭さんはイベントで正式に招聘され、2022年杭州アジア大会広報イメージ大使になった。当日、彼女は杭州アジア組織委員会秘書長、杭州市副市長の陳衛強とビデオを通して、アジア競技大会の準備を話し合った。

 

薇婭さんは「大使になれて光栄です。第19回アジア競技大会のPRの責任を負うことができると信じて、自分のできる限りアジア競技大会の精神を伝達します。そして、全世界の友達に杭州を紹介、展示して、更に多くの人にこの世の中の天国のすばらしさを見させます。将来、選手たちと観光客たちは試合が終わったら、杭州を回ってください。この詩情や絵を生活の中に溶け込んでいる都市を感じて、いたるところに独特の美しさが見られます!」と言った。

 

また、薇婭さんは杭州市文化広電観光局から「杭州観光大使」の称号を授与された。去年の夏、観光局局長の楼倻捷さんは薇婭さんのライブ室に入り、杭州の文化や観光の特色を紹介した。その後、楼倻捷局長は彼女を招待して、「杭州の奇妙な夜」の市を見学して、杭州の本土ブランドをライブコマースした。薇婭さんは各展示区を見学し、ライブ配信を製品をし、杭州市の文化観光商品紹介した。彼女のシーンを通して、南宋詩人の陸遊が描いた臨安城の夜市に戻ったような気がした。

 

薇婭さんのライブコマースは、杭州文化と観光のマーケティングにもっと多様なルートを作り、文化と観光の消費に更に広いプラットフォームを構築した。電子商取引、ライブコマースの力を借りて、杭州の自然の美しさ、文化の詳細、人文の魅力をより多くの人の目に持ち込み、もっと多くの人がこの都市を知って好きになり、杭州にもっと多くの特色を作るように手伝う。

�千年の中華文明史を記録した土地で、古い稲作文明を感じる。