2022年アジア競技大会開催日程(第一版)が正式に発表

9月10日、2022年アジア競技大会のカウントダウンイベントは開催された。イベントでは、トーチスタイルや公式衣装などの注目されている事項が発表された。また、もう一つ重要な事項が発表され、それは2022年アジア競技大会開催日程(第一版)である。

910日、2022年アジア競技大会のカウントダウンイベントは開催された。イベントでは、トーチスタイルや公式衣装などの注目されている事項が発表された。また、もう一つ重要な事項が発表され、それは2022年アジア競技大会開催日程(第一版)である。

 

15日間、482個の金メダルが生まれる予定

杭州がアジア競技大会の招致に成功した以来、開催日程はいつも社会各界の関心の焦点の一つ。

202098日、杭州アジア競技大会協調委員会は第三回会議を開き、杭州アジア競技大会組織委員会はアジアオリンピック評議会に開催日程の初稿を提出した。杭州アジア競技大会組織委員会は国際慣例に従い、試合を集中的に編成する。同時に節約に基づいて大会を開催し、関連するスポーツ組織の要求に従い、関連内容を改善し、修正する。

目下の申し込み人数を予想してスケジュールを作って、公式に発表された。

杭州アジア競技大会開催日程は2022910日から25日まで。現時点で確定している競技は水泳やアーチェリー、陸上、バトミントン、バスケットボール、ボクシング、カヌー、自転車、馬術、フェンシング、サッカー、ゴルフ、体操、ハンドボール、ホッケー、柔道、近代五種競技、ヨット、7人制ラグビー、セーリング、射撃、卓球、テコンドー、テニス、トライアスロン、バレー、重量挙げ、レスリングの五輪競技28競技に、武術、セパタクロー、クラッシュ、柔術、クリケット、マインドスポーツ、ローラースケート、カバディ、ラケットボールの非五輪競技9競技を加えた計37競技だ。

 

メダルの競争が一番激しい種目:陸上競技、水泳、射撃競技

 

2022年アジア競技大会の最初の競技は男子サッカーで、明日から始まる。一番遅い競技はアーチェリーとシンクロナイズである。

911日、初試合の日に水泳、近代五種競技、ボート競技、体操競技、柔道、武術など多くの種目でメダルの獲得者を決める。

種目別の金メダル総数から見ると、陸上競技の金メダル数が一番多く、合計48。次に水泳は41、射撃は33。また、自転車、トライアスロン、空手、フェンシングなど16種目は試合当日にメダルの獲得者を決める。

 

卓球とバドミントンの決勝戦の日

以下は初歩的な日程:

915日:卓球男子団体、女子団体

918日:卓球男子ダブルス、女子ダブルス、混合ダブルス

919日:卓球男子シングルス、卓球女子シングルス

918日:バドミントン男子団体、女子団体

923日:バドミントン女子ダブルス

924日:バドミントン男子ダブルス、男子シングルス、男子シングルス、混合ダブルス

 

試合の日程は動的に調整されたシステムエンジニアリング。それから、杭州アジア組織委員会は各国家(地区)オリンピック委員会の代表団の実際の申し込み人数、アジア大会中継要求、小項設置案の調整などの状況によって、総日程、単位試合日程、小種目日程などに対して調整して更新する。試合の編制が標準に合い、試合の設定が合理的で、試合の開催は整然として、焦点競技試合のクライマックスが次から次へと起こることを確保する。世界に一回のすばらしいアジア競技大会が現れる。