文昌閣

1924年の清明節に故郷に帰った蒋介石は、お墓参りに行った。その時蒋介石は、壊れた文昌閣を増築することを決めた。

なタイプ:人文の景観

•所属の景色:将氏故居

•開館時間:08:00~17:30

1924年の清明節に故郷に帰った蒋介石は、お墓参りに行った。その時蒋介石は、壊れた文昌閣を増築することを決めた。翌年完工された文昌閣の面積は500m2である。蒋介石は文昌閣を「楽亭」と名づけ、「武嶺楽亭記」という文を書いて「楽亭」の美しい景色を描写した。1927年12月、蒋介石は、宋美齢(そうびれい)と結婚した。その後、渓口を訪れる度に文昌閣で過ごしたため、文昌閣は彼らが個人的に所有する別墅となった。文昌閣の1階は客室で、2階は蒋介石と宋美齢の寝室と生活空間であった。


http://jp.xikoutourism.com/wzxk/detail.html?id=52&uuid=2 より