宋城グループ:「リストラしない。減給しない」

2月9日,宋城グループの代表取締役黄巧霊は従業員全員に手紙を出した。手紙には新年の挨拶のほかに、「リストラしない。減給しない」という約束がある。この手紙は従業員の心を温めたばかりでなく、観光業でも大きな反響を呼んでいる。

2月9日,宋城グループの代表取締役黄巧霊は従業員全員に手紙を出した。手紙には新年の挨拶のほかに、「リストラしない。減給しない」という約束がある。この手紙は従業員の心を温めたばかりでなく、観光業でも大きな反響を呼んでいる。

黄巧霊は手紙に「宋城グループの、発展は従業員とその家族から切り離せない……春が暖かく花が咲くまで、私達は一緒に、グループの新しい光り輝きを創造しよう!」と書いて、これも彼が「リストラしない。減給しない」を決定した一番の原因。

1月23日の夜、杭州宋城観光地は1月24日から臨時休業の通知を発表し、そして、動員大会が行われた。観光地は観光客の安全を確保するとともに、従業員の保護と防疫措置を強化している。疫病が終わった後、杭州宋城観光地は観光客に素晴らしい体験をもたらする。

宋城グループが全世界のテーマパークグループの中の十強の一つ、10回連続で「全国文化会社三十強」称号を獲得して、劇場の数、座席数、年間上演回数、年間観客数、年間興行利益という五つの「一番」を創造した。宋城グループは「演芸」を中心に競争力を持っていっって、「宋城」と「千古情」ブランドを作った。宋城グループの産業は旅行レジャー、現場娯楽、インターネット娯楽を含み、世界的に有名な大手企業。