文成古道:から紅の歴史

文成県はたくさんの古道で有名になっだ。でも、古道は紅葉で有名だ。

    今の季節、紅葉がだんだん色あせて、まるで色とりどりのショーが終わったような。もう最高の紅葉観賞期ではないが、でも、落ち葉は華麗な十二単のように、古道を覆われている。落ち葉を踏み、柔らかくて、ちょっと滑る。


紅葉古道

    

    山岳地帯に位置するから、古代の文成県の交通が非常に不便で、現在の古道はその時の「高速道路」、平陽、蒼南、青田、瑞安、景寧、泰順など県、たくさんの村及び悠久な歴史をつながっていって、重要な作用を発揮した。例えば、昔、地元の銀行職員は警察と一緒に現金を持って、古道に沿って、山の住民の家に行って、業務を取り扱うことがある。今でも、ある村民にとって、古道はまだ大切な道路である。


紅葉古道

    

    現在、文成県には43のよく保存された紅葉古道があり、ある古道は長くないが、でも、元、明、清、民国及び現代など時代の建築技術を採用されて、研究価値がとても高い。楓の数量は3000以上に達し、そのうち、大部分の楓は百年の「お年寄り」で、秋、鮮やかな紅色は蜿蜒と続き、絶景だ。しかし、どうして楓を植えたのか?楓は値打ちを軽い木材から、不法伐採はあまりない。夏、茂った楓の葉は強烈な日光を遮ることができる。しかも、古代の時、秋の紅葉は最も目立つ道路標識、昔の古人は本当に知恵がある。


3_副本.jpg

    

    文成県観光業の「ゴールデン名刺」として、未来、紅葉古道の保護区域を建設する予定。美しい紅葉古道をめぐって、もっと歴史、文化の内容を発掘中。