第19回舟山国際砂彫刻祭

第19回舟山国際砂彫刻祭は開催する予定である。

  2017国際海島旅行大会の一部分として、第19回舟山国際砂彫刻祭は9月21日に開催する予定である。


砂像彫刻家


  今回の砂彫刻祭のテーマは、「一帯一路•中国夢」である。砂彫刻で21世紀海上シルクロード及びシルクロード経済ベルトの沿線国の建物、風土と人情を展示する。今回の作品は一帯一路、シルクロード、21世紀海上シルクロード、中国夢という四つの部分があり、合計60の作品である。中国、オランダ、カナダ、チェコ、スペインなど国家の30余人の彫刻家たちが創作中で、70 %の作品が完成された。その以外、人工滝、噴水、船、機関車など施設がある。


実用情報

開催時間:2017年8月9日-2017年10月30日

砂彫刻展示時間:2017年9月21日-2018年5月31日

アドレス:舟山市朱家尖島