冬になり、お茶を飲みましょう

お茶、これは春への思い。初冬はだんだん寒さを感じてきました。初冬は次第に寒さを帯び、この時、雲和県に熱いお茶を飲むのが一番いい。

お茶、これは春への思い。初冬はだんだん寒さを感じてきました。初冬は次第に寒さを帯び、この時、雲和県に熱いお茶を飲むのが一番いい。


お茶を飲むのはつまらないことではない


乾隆帝は「国は一日に君主なしではいけない。君子は一日にお茶なしではいけない」と言った。昔から、中国人はお茶に対して深い感情を持っている。この文化は今まで受け継がれて、例えば雲和県では、上質なお茶で客をもてなす習慣がある。


今、お茶を飲むのは、昔の多くの礼儀がないが、もっと環境と気持ちに集中する。例えば書斎に茶器を置き、茶の香りと本の香りを融合させる。あるいは、ベランダでお茶を飲み、水蒸気はゆっくりと空に昇る。


お茶は水の中にあり、人はお茶の中にいる


地元の茶園に入ると、雲和県の最高の「宝物」が見える。春、至るところに茶の緑があり、村の人たちはお茶の摘みに忙しい。今は冬、お茶を作る時。


お茶にはその土地の美しい景色がいっぱい含まれて、例えば色は雲和県の日の出のように、水蒸気が雲海。お茶を飲むと、雲和県の美しさが流れ始める。


「仙宮雪毫」、この名前は美しい仙宮湖を連想させる。澄みきった湖に淡い霧が漂って、ここの人文は現地の歴史、優しさを展示している。


あっさりした味の「高山茶」、シェ族のさわやかな性格のようだ。一杯のお茶には、地元の人の知恵が溢れる。


「雲和老茶」の味が濃くて、外見もざらざらするが、雲和県の代表的な味の一つ。現地の伝説によれば、少女はお茶の香りで少年に自分の気持ちを伝え、最後に、二人は幸せに暮らした。銀坑村では、「雲和老茶」茶に関する知識がたくさん。


冬、暖かいお茶は人の心を暖める。


今、街角で、木の下で、いたるところに熱いお茶の香りがする。喫茶店に行きたいなら

、雲和県の解放街に来てください。このお茶の世界で、お茶だけでなく、お茶の愛好家との交流もできる。


夜、現地の民宿に宿泊してもいい。雲和県には多くの古村があり、素晴らしい民宿は古村に開設されている。その中には、ある民宿の周辺は絶景、ある民宿は優雅な茶室がある。

お茶の香りが絶えない


一期一会。この季節に、雲和県のお茶と必ず出会う。ここのお茶はここの人と風景のように、急速に発展しながら、自分の素朴さを保っていって、悠久の歴史を強固にする。多くの観光客がここに来て、お茶を味わうだけではなく、人生も味わう。


雲和県、浙江省西南部の仙境、旅行に来た甲斐がある。