田舎は芸術で新しく生まれ変わった

曲がりくねった山道、大な田野、古い塀、勤勉な农民……人々の印象の田舎はいつも似ている。原生態の美しさは少なくないが、「芸術」「流行」とは何の関係もない。今では、すべてが違う。忘れ去られがちな田舎は、生まれ変わったかのようにひっそりと大きな変化を遂げている。

曲がりくねった山道、大な田野、古い塀、勤勉な农民……人々の印象の田舎はいつも似ている。原生態の美しさは少なくないが、「芸術」「流行」とは何の関係もない。今では、すべてが違う。忘れ去られがちな田舎は、生まれ変わったかのようにひっそりと大きな変化を遂げている。

 

外桐塢村

外桐塢村は西湖区の転塘街道に位置し、「画外桐塢」はここのもっと知られている呼び方。

 

お茶の香りが漂っていて、芸術的な雰囲気に満ちた外桐塢村は中国美術学院の学生たちの写生地で、多くの芸術家がここに来て創作に没頭している。芸術の里と称しても過言ではない。「くわ」と「絵筆」が交差する村の田舎風景と芸術の息吹が交錯して、奇妙な成果が生まれた。

 

歴史人物記念室、生活美学館、カフェ、アートスタジオ……人々は外桐塢村で心の中の理想の生活を探している。「理想」は実現しにくいことを意味するかもしれませんが、探す過程は十分に素晴らしい。

 

楼塔鎮

楼塔鎮は蕭山区の南、諸暨市、富陽区、蕭山区の境に位置している。楼塔鎮には美しい山や水が見える。

 

音楽の町、漢方医薬の町、詩路文化の名鎮……今の楼塔鎮には多重の身分がある。地元は古い町、古い橋、古い渓、古い木、古人などの要素をめぐり、美学を通じて眠る千年文化を呼び覚る。

 

楼塔鎮の住民の「精神の糧」として、楼塔細十番の曲調が美しく、耳に心地よい。悠揚たる古い発音は民間の真珠に散らばって、美しくて聖潔である。

 

指南村

指南村は臨安区の南茗渓の浜に位置して、数千年の歴史を持つ古い村。歴史の長い指南村には古い木、古い井、古い民家、古い道があちこちに点在して、内包の重厚さは何とも言えない。

 

村は山の中にあり、家は林の中にあり、人は絵の中にある。「濃い墨を塗った高い山の絵」で指南村を形容するのは適当だ。村の芸術感は人為的なものではなく、自然の巧みな天工である。