海寧市の「公園圏」

「公園へ散歩しよう!」、これはもう海寧県住民の口癖になった。

  海寧政府は心をこめて計画するし、設計するし、15の美しい都市公園を建てた。海寧東部の大花園」と呼ばれる鵑湖公園に来たら、澄み切っている湖水に映った岸辺のヒノキの影が見える。昔、ヒノキは村の街路樹で、今は地元の特色景観になった。また、西山公園の蒸気機関車図書館;良渚文化遺跡の上に建てられた贊山公園;東山公園には、徐志摩の詩をテーマとして道を建てられる。


鵑湖公園


  その以外、都市公園を補充する及び住民のレジャー、鍛錬場所を建設するために、海寧政府は街、横町のばらばらな空間を利用して、39の小さい「ポケット公園」を建設した。未来、3年以内に全の「公園圏」を建てることを計画された。