杭州市がアジア大会のブームを巻き起こした

2022年の鐘が鳴り、杭州市で開催されたアジア大会もますます近づいてきた。新年を迎えてから、杭州市は開催地として、アジア大会の雰囲気もますます濃くなっている。最近、街の隅々で、アジア大会のエンブレム、スローガン、マスコットを見えて、さまざまなテーマイベントが次々と現れて、アジア大会を望む人々の気持ちは非常に強い。

2022年の鐘が鳴り、杭州市で開催されたアジア大会もますます近づいてきた。新年を迎えてから、杭州市は開催地として、アジア大会の雰囲気もますます濃くなっている。最近、街の隅々で、アジア大会のエンブレム、スローガン、マスコットを見えて、さまざまなテーマイベントが次々と現れて、アジア大会を望む人々の気持ちは非常に強い。

 

ドローンがアジア大会の美学を伝えた

20211230日と31日の夜に、1000機のドローンが杭州オリンピックセンターのスタジアムの上空を飛んで、杭州アジア大会に関連する美しい造形を並べた。アジア大会のスローガン、マスコットのイメージ、各スポーツのアイコン、杭州の代表的な建築……空中のドローンの美しい景観と地面のスタジアムは互いに引き立て合って、杭州のすばらしい夜を明るくした。

 

学校のテーマ演出

1230日夜の拱墅区体育公園もにぎやかた。アジア大会試合を引き受ける18所の浙江省学校の2500人近くの教師と学生の代表たちが、公園の体育館アジア大会を迎えるテーマの年越し演出を完成した。

 

プロモーションビデオの絶え間ない放送

デジタルサイネージは都市のイメージを示す重要な窓口。元日の間に、杭州市内の140以上のデジタルサイネージはアジア大会の四つのプロモーションビデオを繰り返し再生し、毎日6回以上。

 

随所に見られるポスター

202211日、4種類のアジア大会公式ポスターを発表した。現在10万枚印刷されており、市街地の各場所に続々と掲示されている。

 

地下鉄の駅のもっと多くのアジア大会要素

新しい年には、アジア大会の視覚イメージ要素も杭州地下鉄をさらに飾って、都市にもっと濃厚なアジア大会の雰囲気を作り上げている。市民、観光客は地下鉄に乗る時、アジア大会についての知識を知ることができて、獲得感と幸福感を増加する。

 

「アジア大会標識」バスがまもなく使用開始

今年、杭州市は「アジア大会標識」バス500台を投入する。車内では公式会誌、雑誌などの刊行物が提供される。全市バスのアナウンス音声、バス停の公益広告にもアジア大会の情報が含まれる。

 

アジア大会観戦空間&カウントダウン装置

現在、杭州アジア組織委員会は全市の範囲内で14カ所のアジア大会観戦空間、12カ所のカウントダウン装置を構築し、杭州の美しい風景になった。