杭州市は国際機関の本部になった

杭州市はまた一つの栄誉を得た。

    今年9月12日、世界旅行連盟(World Tourism Alliance、以下WTAと略称)は中国で行った第21回世界観光機関総会に成立せれた。「旅行は生活と世界にもっと美しくなる」を主旨として、非政府、非営利の国際観光機関である。現在、29の国家、地区から89の会員を持っている。


署名式


    先日、WTA、浙江省人民政府は北京で署名式が行われ、杭州市蕭山区の湘湖は正式にWTAの永久本部になった。杭州市はじめてこんな栄誉を得た。良好な国際化基礎、豊富な国際会議開催経験及び各種の優位、特に、湘湖は第一陣の中国国家級旅行リゾート地の一つとして、生態と観光において非常に優れた成果を展示しているから、杭州市は四つの強大な競争者(広州、アモイ、西安、成都)に勝って、この素敵な国家イメージ宣伝「パートナー」を得た。


湘湖

    未来、杭州市は国際旅行を全面的に推進して、「会展の都市」、「競技大会の都市」及び「世界名都市」を建設する。そのうち、蕭山区は「主戦場」として、「浦陽江―銭塘江―湘湖―大運河」ゴールド観光ルート、知能観光地などたくさんの重大な計画を設立する。目標は長江デルタ地帯有名なレジャー、観光目的地、有名な国際会議、展覧の開催地になる。